2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

平屋暮らし4年目以降

営業さんからの驚きの電話 -住友林業で平屋暮らし-

12月のある日のこと。

営業さんから着信がありました。既に家を建ててから8年目の我が家。普段営業さんから連絡が来ることはありません。こういうときは何かの依頼。そこまでは予想の範囲内。ですが、内容が、とびぬけて驚くべきことでした。

「本社から連絡があって...ある企画の依頼なんですけども…」

「えっ、マジっすか!?」

ちょっとまてー。内容を聞いて大パニックに!!!

趣旨の説明をしてくれている営業さんも本社からこの話を聞いた時はさすがに驚いたみたいで、私も話を聞くうちにどんどん心拍数が上がっていきました。

詳細を聞いているとき私の頭の中では既に結論が出ていました。だってこんな機会もう絶対にないもの。夫の了解を得るまでもなく勝手にやることに決めていました。

でも、その場で営業さんに「やりまーす!」と言うといかにも出たがりの張り切り屋なので(まぁそんなことは営業さんにはとっくにバレてるけど)、
「少し考えさせてください」
と回答しました。「そりゃそうですよね」と3日程考える時間が与えられました。

電話を切った私は笑いが止まりません。なんなの、その依頼!ありえないんですけどー。ひととおり自分の中で盛り上がった後すぐにテレワーク中の夫に報告。夫もビックリ。もちろん夫にも私が既にOKと決めていることはバレている…。

で、3日の猶予を待たずに翌日営業さんに返事をしました。
「昨日の話、もちろんOKです。本当は電話してるときから受けようと決まってたけど一晩寝かせました。」

その企画が行われるのは1月中旬。こちらに日程の選択肢はなく、その日私達が無理ならたぶん他のオーナーさんに話が回ると思われます。当日は営業さんも見に行きたい、と張り切ってました。そりゃそうだよね、だって見学するだけでもその後お客さんとの会話が盛り上がること間違いないもんね。この営業さんから家を買えばこんなことも起きるのね、と期待させることができるもんね。うまく宣伝に使っておくれ。

そもそもなぜ我が家が選ばれたのか。どうやらこの案件を担当している人がうちのあのアホっぽい自家自讃の動画を気に入ってくれていたらしくて、私達ならきっとこの企画でもちょっと変わったヘンなこと言ってくれるだろうと期待してのことなのかなと。

ここからなんとなくソワソワした毎日が始まりました。真冬なので薪割りをしたいけれど怪我をするわけにいかないから過酷なことはやめにしました。粛々とその日が来るのを待つことにしました。

まずはzoomでの事前打ち合わせです。

ぽかぽか取材 -住友林業で平屋暮らし-

11時からだとすっかり勘違いしていた私。前日の夜にメールを確認すると取材チームは10時到着となっていました。1時間の違いは大きいです。5時起きで掃除を始めました。

今回はすみりんから1名、制作会社から2名、カメラマンとアシスタントの計5名のチームです。途中お昼休憩を挟んで10時から15時までの予定でしたが、どーぞどーぞどこでも勝手に撮ってくださいのスタイルだったので私たちはほぼやることがなく見学していました。
Img_6359
(機材がめちゃくちゃかっこよかった)


撮影も進化してるんだな~と感じました。今回はドローンを使って外観を上空から撮影しました。これはすごい!絶対に自分達では撮れない映像を撮ってもらえたので貴重です。プレビューを見せてもらいましたがとてもきれいな映像でした。でも、外観は対象外だと思っていたから今回全く掃除していなかったのが残念ポイント。いつもなら基礎まできれいに洗うのに…。しかも庭は落ち葉だらけ。山の中の家だから仕方ないんだけどもうちょっとどうにかしたかったな。
Img_6348

Img_6354

室内では日の光の入りが多くなるのを待ってその間にリハーサル。私たちはインタビューを受けましたが全く何も考えていなかったのでしどろもどろ。いつもはA4で数枚分を暗記するくらいしっかり準備しているのに今回は超テキトーになってしまいました。うまく編集してね、と思いながらの回答でした。

多少インタビューはされたものの基本的には“家”の撮影だったので私たちの出番はほんの少し。縁側でゴロゴロするという我が家の日常風景を撮ってもらい、更には私のリクエストでクリエーションバウマンのバーチカルブラインドの模様が床に映っているところも撮影してもらいました。せっかくの機会だからちょっと図々しくお願いしてしまいました。
Img_6374 Img_6358

撮影風景を見学しながら制作会社の人たちやすみりんの人と和やかに歓談しているうちに数時間の撮影はあっという間に終了。心配していたけど天気にも恵まれ、ぽかぽかと暖かい日差しが縁側に入ってきたのでせっかくだからみなさんにぽかぽか体験をしていただきました。
Img_6372
でもねえ、やっぱりこの時期じゃないよねえ。12月とか1月ならもっと家の奥まで日の光が届くのになあ。残念。

今回の取材は先月のある出来事からの派生でした。実は先月、有り得ないような体験をしたのです。

もうないだろう、の先にあったもの -住友林業で平屋暮らし-

我が家は建ててから8年目に入っています。

これまで2年に一度くらいの割合で取材を受けてきました。が、さすがに8年目の家だし、もうないよねって思っていたんだけど、まだあるのね。

土曜にある取材が入りました。

今回は突然決まったものです。1月下旬に依頼のメールをもらっていたのですが、何百件もの迷惑メールに紛れていて見つけたのが1週間くらい過ぎた頃。慌てて返信しました。っていうか急な依頼なら電話してくれればいいのに

今までの取材は依頼を受けてから2カ月くらい先っていうパターンが多かったので余裕があったのですが今回は最短で2週間後の日時設定。

もちろん取材はOK。でも今回はある特殊な状況の画を撮りたいとのことだったので時期が大いに関係してきます。あちらからの指定日もたった3日と少なく、しかも私達は2月上旬に5日間の旅行に行くことになっており、更にはその後は私がある研修に参加することになっていたので日程選びは難航しました。

ようやく2月17日と決まったのはいいけれど、真冬の日差しの画を撮りたいのに2月中旬はモヤモヤします。12月~1月中旬までがベストなのに2月中旬かよ。立春過ぎたら春ですけど!!!日差しは既に春なのに冬の画を撮るんかい。とは言え、次の冬を待つわけにもいかないので決行となりました。

でも困ったのは当日の天気がはっきりしないないから直前まで取材をするか否か分からないってこと。予定は決まらなくても家の掃除はしておかないと。ってことでいつもの『取材用準備スケジュール一覧』に則って旅行と研修の合間を縫って準備をすすめました。まあ今回は対象がLDKだけだから楽勝だったけど。

晴れなら決行、それ以外なら中止という状況の中、数日前にようやく決定しました。当日の天気予報はズバリ晴れ!

当日はとても楽しいものとなりました。

つづく

エアコンとオーブンを使いまくった7月の電気代 -住友林業で平屋暮らし-

電気代高騰の中だけど、7月はかつてないくらい電気を使いました。この家に越してきて最初の夏はエアコンの稼働は数日。あの頃はエアコンなしでも夏を過ごせました。あの頃って言っても2017年だから全然昔じゃないところが恐ろしい...。

ここ2、3年は本当に暑くて、山に囲まれた我が家でもエアコン使いまくり。特にこの夏は1日中つけっぱなし、という日も多く、7月はほぼ毎日エアコンのお世話になっていました。寝るときも朝までエアコンをつけっぱなしというのは初めてのことです。

そしてオーブン。2か所のパン教室に通うようになり、家での練習も増え、週に2回はオーブンを使っています。更にガスを使うと暑いから夕食を作るのにもオーブンを使う日があって、多いときは1日2回オーブンの温度を上げるという恐ろしく電気を消費する行動を取っていました。オーブンを使うと暑いからエアコンをガンガン稼働させるというとんでもないことをやっていました。

恐れていた電気代。7月分の請求がきました。開けてビックリ、
7,318円!

意外と安い!いや、エアコンとオーブンを使いまくった割には激安では!?前年同月比はマイナス898円。ん?去年の方が高いの?どういうこと?逆にいうと去年は何に電気を使っていたんだろうと不思議になります。

ちなみに天気が良い日が多かったので太陽光の売電収入は14,157円。優秀!

この家に暮らし始めたのは20169月から。7月で一番電気代が安かったのは2年目で5,891円。今年みたいにエアコンとオーブンを使いまくっても7月最安値と1,427円しか変わりません。当時よりも電気代自体上がってるって言うのに。エアコンもオーブンも電気代を喰いそうだけど、実際は本当に省エネにできているんだなと感心するばかり。

なので今後もここはケチらずエアコンでガンガン冷やして(ちなみに我が家の冷房の設定温度は2324度です。それでLDK2627度になるくらい)快適な夏を過ごそう!と思っていた矢先、エアコンにトラブルがー!!!

続く

節電節ガスの為にお風呂のあれこれ変えてみた -住友林業で平屋暮らし-

寒冷地仕様になっていない我が家の給湯システム。凍結による故障を防ぐために冬場は浴槽の給湯口の上まで常に水を溜めておくようにとアフターさんから言われている。なので朝の掃除が終わった後で水を張っていた。

ところがそれをやるとお風呂を沸かすのにとても時間がかかる。どういうシステムで動いているのかは分からないのだが普通に自動運転を押して沸かすより2倍くらいの時間がかかる。恐らくその分ガスも使っていると思われる。

だったら溜めている水を抜いてから自動運転を押すか?それはそれで水がもったいないしこのエリアは水道料金が高いから節約にならない。

一番良いのはお風呂掃除を夜に回すこと。残り湯を夜まで溜めておいて沸かす前にそれを抜いて掃除するのが一番合理的。でも夜にお風呂掃除なんてやりたくない。私は朝のうちに全ての掃除を終わらせたい派。朝食後、キッチンの片付けからスタートして一気に掃除機かけ、トイレ掃除、洗面室掃除、お風呂掃除まで全てを終わらせて1日過ごしたい。

そこで浴槽の中を洗うことだけを夜お風呂を沸かす前にやることにした。朝の掃除ではお風呂の蓋、浴槽の外側、洗い場や壁、排水溝の掃除まで終わらせて、夜お風呂に入る前まで残り湯を溜めておき沸かす前に残り湯を捨てて浴槽の中だけを洗うことにした。二度手間だけどこれなら夜にそんなに面倒な思いをしなくて済む。

これでどれだけ節ガスになるのか。2カ月くらい試してみてガスの使用量が変わらないようなら去年までのやり方に戻す。

そしてこの冬は浴室の暖房をなるべく使わない方向で行こうと思っている。家の中で一番素晴らしい機能は浴室暖房だと思っている。裸の状態で上からガーっと降り注ぐ暖かい空気に当たるのがめちゃめちゃ気持ちがいい。これを止めようかと思っているが、止めると浴室内は寒い。ヒートショックも心配。

そこで寒さ防止の為に薪ストーブの暖かさを利用してみることにした。薪ストーブを焚くと真夏のように暑くキャミソールで過ごす夜もある。暑すぎるからいろんな扉を開けてLDKから熱を逃がすことをしている。去年までは脱衣室まで薪ストーブの暖かさが行くようにしていたけれど、この冬は浴室のドアも開けっ放しにしておいて浴室内にも薪ストーブの暖かさが行くようにすることにした。ただこれをやると浴室の24時間換気によってLDKが余計に負圧になってしまうかもしれない。そうなると薪ストーブをきれいに焚くことができない。様子を見ながら試してみることにする。

なかなか節電要請に応じるのは難しいけれど実験的にいろいろ試してみようと思う。

酷暑の8月の電気代 -住友林業で平屋暮らし-

酷暑の日が多かった8月。後半だいぶ涼しくなっていたから7月よりも電気の使用量は少なかったかな~なんて思ってたんだけど、そんなことはなかった…。

使用量:214kWh(7月)→ 261kWh(8月)
料金:8,216円(7月)→ 10,006円(8月)

この家で暮らすようになってから8月での最高額を更新。

ちなみに去年は
使用量:298kWh
料金:8,889円

使用量は今年より多いのに料金は低い。うーん、やっぱり高くなってるんだなあ。今後もどんどん上がる一方なのかな。どこまでいくんだよー。

何か月か前、‘すみりん電気のご案内’って電話がかかってきた。すみりんめ、そんなことまで始めたのかと一応詳しい案内を送ってもらうことにはしたけど今のところ電力会社を変えるつもりはない。ここらへんは餅は餅屋だと思っている。

よくガス屋さんから「電気をうちに変えてくれれば今の電気代より安くなりますよ」ってのもかかってきてたけど「まずは自分のとこのガス代下げてから言って!」と毎回言ってたらかかってこなくなった。一度地元営業所の営業さんが「コールセンターから連絡をもらいました」とわざわざ家に来てガス代を下げてくれたことがある。けど、「あそこの家に売り込みをすると逆に値下げさせられる」とブラックリストに載ったのかコールセンターからの電話はかかってこなくなった。どうせガス代も上がる一方でもはや値下げは期待できない。

節電って言ったって限度がある。ただ今年の冬は忘れずに実行しなければならないことがある。

加湿器をECOモードで使うこと!

前回の冬えらい目に遭ったからなあ。

骨折から半年経過

薪割り中に原木で指を挟んでしまい骨折してから半年が過ぎました。2カ月後に取れてしまった爪も4か月後くらいには上まで伸び、あのモワ~っとした深爪の不快な感じもなくなりました。気圧の関係か何かでたまにうっすら痛いなと感じることはあるくらいで元通り。

ドクターには「爪はきれいには生えないかもしれないよ」と言われましたがほんの少し凸凹はあるものの元通りきれいに生えています。グルコサミン&コラーゲンのサプリが効いたかな!?

実は先週また指を挟みました...。電話で会話中、外のセミの鳴き声がうるさかったから和室の掃き出し窓を閉めたのですが、そのときに左手の中指を挟みました。痛くてその後の会話は適当な相槌になってしまいました。電話を終えて指を見てみると、また同じような位置に内出血を起こしていました。痛かったのですぐに保冷剤で冷やしました。でもこのときの痛みは薪で挟んだときの100分の1くらい。あのズキズキを経験したら今回の痛みなんて取るに足らないもの。痛みはあったけど内出血は広がらずに済み、翌日には触れば痛いくらいになりました。

と、しょっちゅうこんなことをしているので怪我の保険にも入っていた方がいいのかなと思うようになりました。昔は入っていたんだけど、「スポーツするわけでもないしインドア派だし怪我なんてしないよな」と解約してしまいました。その10日後に追突事故に遭い、もし保険を解約していなければ10万円出たってことを知りタイミングの悪さにクッソーと思った経験があります。

「怪我なんてしないよ」だった頃と違って薪に関わるようになったのでチェーンソーやハンマーを使うようになり、また、田んぼや畑で刈り払い機も使うのですがこちらも危険。事務系会社員で実家でなーんにもしないでグータラ暮らしていた頃より今はずっとずっとアクティブで怪我の可能性が1000倍くらい高くなったということで再び怪我の保険に入ろうかと検討しています。

ちょうど友達が転んで骨折した話を聞いたばかり。コロナ禍での運動不足が影響しているのか周りでも怪我が増えています。元々不器用でどんくさいタイプの私。体力増強とかバランス力強化とか何かやったほうがいいかもな。

エアコンを使いまくった7月の電気代 -住友林業で平屋暮らし-

7月の電気代が確定しました。エアコンをガンガン使っていたのでどれだけ高いのかとビクビクしながら明細を見てみると、

8,216円(前年同月比マイナス772円)

でした。あら、不思議。去年の同月より安かった!?とは言っても今年は30日で計算、前年は31日で計算されてるからほぼ同じと考えていいかな。

電気料金自体は上がっているのに、あんなにエアコン使いまくったのに、しかも去年より設定温度下げたのに、同じなのね...。本当に電気料金ってなんなんだろ。

今年の夏はこの家に引っ越してきてから一番暑く、エアコンを使いまくってます。日中はLDKのエアコンをお昼ごろから寝るまでずっと付けていて、寝室のエアコンも就寝時から朝までつけた日が何日もありました。これは我が家では異例なことです。山の中に住んでいるので夜になるとぐっと気温が下がり、窓を開けただけで寝ることができたのですが(去年はダイソンの扇風機も使いました)、今年は夜中になっても全く外気温が下がらず入ってくるのはジメっとしたぬるい空気。なので寝るときも朝までエアコンONです。去年までは朝まで付けていたことはありません。タイマーで3時間くらいってのが年に5日あるかないかでした。

明らかに去年よりエアコン多く使ってるのに電気代がほぼ同じなんだなあ。ってことはエアコン以外の部分で電気の消費量が減ってるのかなあ。もしかして炊飯器!?

5月に炊飯器を新調しました。15年くらい使っていた炊飯器を新しくしたからもしかしてこれ?古い家電は電気を喰うっていうけど、そうなのかなあ。謎だわ。

そうは言っても入居後初めての7月の電気代は5,800円だったことを考えると結構高くなってるんだなあ。あの頃はほとんどエアコン使うことなかったんだよなあ。やっぱり暑い日増えたよね。恐ろしい。

ウッドショックで買えていない物

木製品の値上がりで買えていないものがあります。アート用のフレームです。去年の結婚記念日にいくつかリトグラフを買いました。その中に「これはリビングに飾ろう!」と思って買ったとっておきの一枚がありますが額装せずにそのまま眠らせています。

いつもフレームにはこだわってオーダーメイドしています。絵の雰囲気に合ったフレームの幅や色にしたいし、絵によって余白の取り方が違うからホームセンターで買えるような既製品には入れることができません。

フレームは元々結構なお値段するんだけど木製にしろアルミにしろ材料費上がっちゃってて、特に木製はウッドショックで1つにつき数千円値上がりしてしまっているのでちょっと今買うのはどうなのかな~と迷いながら日が経ってしまいました。そうは言っても一旦値上がりしたものはウッドショックがおさまってもすぐに価格を下げるとも思えないしとっておきのリトグラフを丸めておいても仕方ないからそのうち思い切って買うとは思うんだけど。

フレームですらこんなんだから今だったら家なんて建ててない、っていうか建てられなかっただろうな。ウッドショックだけじゃなく円安による輸入品高騰や輸送費高騰、半導体不足による家電の品薄などあらゆるものが値上がりしている今、この家と同じ家を建てて同じ家具や家電を買うとしたらいったいいくら上がるのか。怖っ。

実家のプチリフォームを考えていて手始めに畳を全て剥がしてフローリングにしようと思っていました。知り合いの大工さんにバッタリ会ったときに相談すると、「急を要さないなら今やるのはやめな」と止められました。大工さんが「こんな状況で家を建てれる人たちは本当にお金あるんだな~って羨ましく思うよ」と言うくらい建築に関わるあらゆるものの価格が上がってるそうでフローリングにするくらいでも今はそのときじゃない、と。ま、何年も放置しているボロ屋敷だから確実に今やるべきことじゃないんだけどね。

ってことで実家の改造計画は時機を見るってことで中止。つまりこれは汚屋敷のほったらかしを意味するってことで、せめて掃除だけでも再開するかな…………涼しくなったらね。

6シーズン目の薪の使用量 -住友林業で平屋暮らし-

さて薪ストーブライフの6シーズン目が終わったので今年もどのくらい使ったのかざっと計算してみました。

3.5立米、1.7トン

ってところ。

今シーズンは比較的暖かくシーズンインも遅かったけど、シーズン終わりに薪棚を空けるために薪を減らそうと暖かい日も無駄にガンガン燃やしたので後半使用量がだいぶ増えました。例年1.5トンくらいなので若干多めです。

2シーズン通った原木屋さんでは1回の購入量が約1.1立米ほどだから他からもらったり敷地内で調達できないときはやはり年間3回は買いに行かなければなりません。薪にする木を全て買うとなると1シーズン3万円かかることになるけれど、実際はまだまだ敷地内には切れる木があるし、山を整備して日当たりを良くしたことでカシの木がグングン育ってきているし更にドングリからも苗になっているし、3回買いに行くことはないかなとは思います。楽しいからついつい何回でも買いに行きたくなっちゃうんだけどね。

今年は本格的な植林活動も始めました。そのことは次回…。

より以前の記事一覧