2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

新居用に買ったもの(小物編)

バイタミックスで食生活が激変 -住友林業で平屋暮らし-

今年は新しい家電が増えてます。
Img_8062

バイタミックスを買ったのも今年になってからです。今までホームセンターの数千円のブレンダー(ミキサー)を使っていたのですが、昨年末ごろから調子が悪くなり、すぐに止まっちゃうし、熱を持つし、モーターが焼けるようなヘンな臭いが。ついに壊れました。

いろんな意味で‘ついに’です。

うちは家電は壊れたら買うルール。だからほとんどの家電はアパートのときのまま。中には独身時代から使っているものもあります。

家が建つ前から米粉を作るためにバイタミックスが欲しいと思ってたけど、ホームセンターのブレンダーが意外と長持ちしてくれて、おかげで壊れた頃にはバイタミックスの新機種が出てました!今回買ったのは2年前に出たアセントシリーズのA3500モデル。アセントシリーズは性能や仕上がりの滑らかさなどにおいてバイタミックスの中では一番高性能モデルです。

アセントシリーズは高さが一番低い(43㎝)っていう点でもうちのカウンターにピッタリです。日本のデパートで見かけるシリーズだと高さが51㎝もありうちのカウンターだとコンテナーを付けたり外したりがギリギリでやりにくいのでNGです。

新機種は前機種より更に便利になってます。コンテナが食洗機対応になりました。でもまあ、うちの食洗機だとこのコンテナ入れたら他のもの入らないけどね💦

ワイヤレス機能も付いてコンテナが自動検出されるから、私みたいに機械の取説を読まないで使っちゃうような人にはピッタリです。コンテナサイズを自動で判別してくれてそのサイズに合う秒数を自動で設定してくれるから難しいこと考えずに使えます。最近の家電は私みたいなアホ人間より賢いね~。

プログラムボタンとかタッチスクリーンは前機種にもついてたけど、やっぱこれがすっきりしていてカッコイイ!でも日本のデパートとかで売ってるやつって古いモデルだからこれも付いてないんだよね。
Img_8070 
ちろんプログラム自体も超便利!スムージーはどのスピードで何秒だっけ~なんてことをいちいち考えずにボタン一つで勝手にスピードを変えて作ってくれます。最高!

言うまでもなく
今まで使っていたホームセンターの安いやつとは比べ物にならないくらい高性能です。お値段もスゴイけど💧でも今までのものは食品庫にしまいっぱなしでほとんど使ってなかったのに対して、バイタミックスは見た目がカッコいいからカウンターに置いておけるし、使用頻度がめっちゃ上がりました。

ほぼ毎日使ってます。週に3回は野菜のポタージュ作ってるし、ほぼ毎晩、食後はスムージで乾杯してます。アイスを買わなくなりました。

野菜スープや野菜ジュースをバンバン作って野菜不足を解消できるし、高いことは高いけど、まあ、元は取れるなと思ってます。でも気を付けなきゃならないのはバナナなどのスムージーらしいです。バイタミックスはあまりにも細かく粉砕するから飲んだとき体にめちゃめちゃ早く吸収されて血糖値が一気に上がっちゃうんだとか。ゆっくり時間をかけてチビチビ飲むのがいいらしいです。

こんな感じでバイタミックスを買ってから食生活が激変しました。今まで手を出さなかった果物や野菜をめっちゃ買います。その一つがケール。栄養素が豊富で体に良いことは知ってるけど食べ方分からないし、馴染のない野菜をわざわざ買って調理するほど料理上手ではありません。でもバイタミックスが来てからケール買ったりソラマメ買ったり、パイナップルを丸ごと買ったり、今まで手を出さなかったものを買ってます。

ケールを初めて買ったときスムージーにするのが怖すぎて苦いらしいと噂の味が消えるように甘いタイプのアーモンドミルク、りんご、バナナと一緒に作りました。飲んでみたらケールの味が全くしませんでした。アーモンドミルクの味の方が濃くてしつこい!健康に良いというケールがこんなに手軽に取れるなら毎回入れようってことになりました。

ちなみに野菜直売所だとケール6枚くらい入って120円!安い!!一回に2枚使います。
Img_8058 

ポタージュスープを作っても今までの安いブレンダーとは全然違います。今まではコーンスープやかぼちゃスープを作ると繊維が残ってしまい、濾さないとザラザラした舌触りが悪いスープになっていましたが、バイタミックスは超クリーミーになります。要は濾しても何も引っかからないくらいまで滑らかになります。とうもろこしをケチケチ使って粒の下の方の固いところまで使ってもバイタミックスでスープにするとサラッサラの液体の状態になります。不思議~。

そして今までのブレンダーと一番違う点は、バイタミックスだけで温かいスープになること!今までは材料を攪拌したらその後また鍋に移し替えて温めるっていう工程でしたが、バイタミックスは攪拌している最中にそのまま温かいスープになってくれます。これ、一工程減るし、相当便利です。

もうひとつ、今までのブレンダーとは比べ物にならないくらい便利な機能がお掃除モード。お湯を半分くらい入れて食器用洗剤を一滴入れて洗浄ボタンでスタート!数十秒でコンテナがきれいになります。泡泡の水が上まで当たるから蓋までしっかり洗えます。
Img_8033
洗浄中。泡が上の蓋のところまで上がっていって洗ってくれます。

あとはすすぐだけ。これ、ものすごおおおおおおく便利機能です!今までのブレンダーは洗うのが大変で、刃の下とか洗うとき手を切りそうになりました。蓋もゆるかったから水と洗剤入れてスイッチオンしようものなら上から吹き出していたと思います。アセントシリーズのコンテナは食洗機対応だけど私は毎回お掃除モードできれいにしてます。

掃除モードがめっちゃ便利で簡単っていうのが毎日使えちゃう一番の理由です!しかもスープの後にジュースを作る、なんてこともこの機能のおかげでラックラク。

までのミキサーは洗うのも大変だし、カッコ悪いから食品庫に片づけるんだけど出し入れも面倒でなかなか使いませんでした。バイタミックスは出しっぱなしなので毎日、前述のように多いときは2回使います。

ミーレのオーブンの熱洗浄プログラムといい、バイタミックスのお掃除モードといい、海外家電は本当に合理的!どちらの掃除機能もズボラ主婦の味方!

かなり高性能のブレンダーですが、デメリットも!とにかく音がうるさい!!!ガガガガと大音量で、揺れもスゴイ!!カウンターの上の他の家電が振動でズレるくらいものすごい騒音&振動です。それだけパワーがあるってこと。だからスープなんて信じられないくらい細か~いアワアワで滑らかな仕上がりになります!!!これで静音モデルだっていうんだから、今までのモデルなんてどんな音がしたのよ?

この音、アパートだったら絶対に使えなかったなと思います。まあこれが海外家電だよね。アメリカの家って大きいし、ご近所離れてるから日本みたいに静音にする必要ないのね。そういう潔いとこ好き。

バイタミックスを使ってみて、きっとミーレの食洗機もものすごいパワーで洗ってくれるんだろうなって想像つくようになり、標準のままの食洗機にしちゃったことをプチ後悔。それでも二人暮らしの食器なんてたかが知れてるから標準のやつで十分使えてるけど。

色はカッパー!これもこだわり。キッチンエイドと同じく赤でもよかったんだけど、この大きさの家電で赤と赤が並ぶとうるさいかなっていうのと、珍しいカッパーがキレイっていうのと、デロンギの電気ポットと同じ色だからこっちと合わせたい、など、検討した結果カッパーになりました。なのでコーヒーメーカーが壊れたときは赤いのを買う予定。赤x2、カッパーx2でコーディネートします。
Img_8072 
うしろのタイルの色ともマッチしてます♪

バイタミックスは何もかもが便利で、「どうしてもっと早く買わなかったんだろう」とさえ思ってます。今後ドライコンテナを買って予定通り米粉を作ったりしようと思います。パンやお菓子づくりの幅が広がるかな~。


本日
外気温:16℃
(7:00 am)
室温:25℃ 湿度:50%
(5:00 am)  

キッチンエイドのスタンドミキサー -住友林業で平屋暮らし-


が我が家にやってきて
カ月になります。

4月は夫の誕生月。「自分への誕生日プレゼント買っていい?」と聞いてきた夫。どーぞどーぞ買ってください。

何を買ったのかと思ったら、届いたのはこれ↓
Img_7384
なんと、私が前から欲しがっていたキッチンエイドのスタンドミキサーではないかー!!!

これ、ずーーーーっと私の憧れの家電だったんです。キッチンエイドが表紙になった美しいキッチングッズの写真集(マニアック!)を本棚に飾ったりしてました。
Img_48481

Img_4036 
ちょうどいいとこでライト当たってる♪

本物来ちゃったよ~💕はああ、まじ嬉しいよ、これ。

うちの夫はお菓子作りどころか普通の料理もやりません。結婚して7年目ですがキッチンに立つことすらほとんどありません。自分が食べた後の食器を洗ったのは2回くらい、かろうじて電気ポットでお湯をわかしてインスタントコーヒーいれるくらいです。

そんな夫にはスタンドミキサーは必要ありません。私がこのスタンドミキサーを使って作るケーキやお菓子こそが夫が欲しいプレゼントらしいです。なんて男前なことを考えるのか!

私たち夫婦はあまり共通のテレビ番組を見ません。好きなジャンルが全然違います。数少ない一緒に見る番組が海外の料理番組です。海外の料理番組で必ず出てくるのがスタンドミキサー。便利なだけじゃなく見栄えが良い!家を建てたら絶対にこれを置こうって二人で決めてました。

買うまでにこんなに時間がかかった理由はこれだったようです。

徹底的に調査した!

夫らしいです(笑)

キッチンエイドは日本でも売ってます。いつも行く製菓材料のお店にも置いてあります。でもアメリカ製と日本製だと違いがあるようです。パワーが全然違うみたいです。もちろんアメリカ製の方がパワーがあります。そもそも私がキッチンエイドを欲しいと思ったのはパンを作る為。日本製だとパンこねに向きません。パン生地は重いのでモーターが壊れてしまうそうです。私がパン作りに使いたいって言ってたので夫はprofessional5plusモデルを選びました。Professonal6っていうのもあるけど、それだと最低仕込み量が大きすぎます。少ない分量でも使える方がよかったので5クオートになりました。

 

菓子メインなら手軽なアルチザンでもいいけど、うちはパンがメインなのでプロフェッショナルにしました。長く使いたいしね。

そもそも日本製でもアメリカ製でもアルチザンというモデルはうちのカウンターには合いません。アルチザンはボールの取り外しをするときにヘッド部分を上にあげますが、カウンターの高さと奥行きの関係で うちではそれがやりにくいのでやっぱりチルトヘッドよりボールリフトタイプがベターです。

そんなことを色々調べてくれて買ってくれました。

まとめると、
・パンをこねるのが目的→ハイパワーのプロフェッショナルシリーズがよい
・湯せんや氷水に当てて作業したい→ボウルリフトのプロフェッショナルシリーズがよい
・そんなに大量に作るわけじゃないから最低仕込み量が小さい方がいい→5クオートのプロフェッショナル5プラスがよい
ってことです。

がさんざん調査した結果なので私にぴったりのものが届きました。有難いね~。

そういえば、今まで全く気にしていなかったんだけど、キッチンカウンターのコンセントってこの3ピンのプラグがそのまま使えるのね~。便利~。
Img_8029 

夢のキッチンエイドはここに置きました
Img_7528
ミーレのオーブンの横!キッチンエイドを置くためにこのカウンターからはうちの古くてカッコ悪い炊飯器、電子レンジ、トースターは入居すぐに撤去してました。

どーでもいいけど、早朝写真撮ったらオーブンにクリエーションバウマンのバーチカルブラインドの模様が映っててめっちゃかわいかった~。
Img_7491  
早起きは三文の徳!

ちなみにキッチンのワークトップで使う方が使い勝手はよいのですが、何しろ重い!!!うちが買ったのだと13Kg!!いちいちワークトップに移動するのは大変なのでカウンターでそのまま使います。そのためにここは人工大理石のカウンターにしておきました。

色はもちろん赤!カラーバリエーションが豊富だけど、絶対に赤が欲しかった!うちって全体的に雰囲気暗いし、キッチンくらいは明るい色が欲しい。黒や白の家電で統一したキッチンもかっこいいと思うけど、私のキャラに合わないし、私はテンション上がるカラー家電の方が断然好きです。元々赤いキッチンエイドを買おうと思っていたのでここのタイルも明るめにしておきました。玄関に赤いイスを置いているのも偶然ではありません。細かいところまでいろいろ考えてのことです。実現したのが今になっただけ。正しいかどうか分からないけど、こだわりのインテリアコーディネートです。

飾りになっちゃもったいないから早速使ってみました。

アメリカの家電、想像以上にパワフルでした!!!

で、とりあえずシフォンケーキ作ってみたんだけど、加減が分からずメレンゲを固くし過ぎてしまいました!!!しっかりしたメレンゲを作るのはシフォンケーキの基本ですが限度ってものがあります。想像以上のパワーで、長くやりすぎてしまって固すぎるメレンゲになってしまいました。シフォンケーキ失敗!慣れるまで何度もトライするしかないね。

これからの梅雨の季節、外仕事ができないからいっぱいキッチンエイドの練習ができる~。今年は雨の季節がちょっとだけ待ち遠しい!


本日
外気温:16℃
(7:00 am)
室温:24℃ 湿度:52%
(5:00 am) 

タダフサのパン切り包丁を試してみた -住友林業で平屋暮らし-

パンくずが出ないと評判のタダフサのパン切り包丁を早速試してみました。

今回焼いたのは1斤の食パン。いつも大量にパンくずが出てしまい夫に「食べるところがなくなるよ」とからかわれるパンです。今まではZWILLINGの波型のパン切り包丁で切ってました。

これが結果↓
Img_2419
非常に分かりにくいけど、点線から左側がZWILLINGで切ったあと、右側がタダフサで切ったあと。

タダフサでも全くくずが出ないわけではないけど少なかったです。

なによりも、切れ味というか切っているときの感覚は全く違いました

ZWILLINGのパン切り包丁で切るときはパンが押されてつぶれ、刃を動かすとパンが揺れます。手を動かして切らなければならないから。

ところが、タダフタのパン切り包丁はスーーーーーっとパンに刃が入り、パンが揺れずに切れました

どうも上手く表現できないのですが、パンに自然に刃が吸い込まれるようにストンと入っていく感じです。前後に刃を動かさなくても下に押す感じでパンが切れます。なんか気持ちがいい感触でした

本当に切れ味がよいと思います

ただこのパン切り包丁はお手入れが大変。ちゃんと砥石で砥がなければなりません。うーん、そういうの、めっちゃ苦手な私。ちゃんとお手入れできるかなあ。とりあえず夫に任せるか。無垢床もそうだし、家具もそうだし、包丁もそうだし、よいものはお手入れしながら長く使うことが大切なのねえ。ズボラ主婦にはハードル高いなあ

また、プラスチックのまな板だと刃を痛めてしまうので木のまな板を使うことが推奨されています。なのでさっそく檜のまな板を買ってきました。
Img_2413

ホームテンターで見たら日本製の檜のまな板は2500円くらいしました。中国製の別の樹種なら500円くらい。やっぱり日本製のがいいよねえ。こういうのが安く買えるのが田舎のいいところ!道の駅で700円で買えました。大きいサイズは1000円だったのですが、パンにしか使わないので小さい方を選びました。めっちゃいい香りがします!!!

ミーハー気分で買ったパン切り包丁ですが、大人気になっているだけあって買って満足の品でした!


本日の
外気温:20℃
(6:30 am)
室温:26℃ 湿度:60% 
(5:00 am)

タダフサのパン切り包丁 -住友林業で平屋暮らし-

いろんなメディアで紹介されてから大人気になっているパン切り包丁をゲットしました~

包丁工房タダフサのパン切り包丁です

Img_2350
パッケージかわいい

Img_2353

Img_2357

いろんなネットショップでは売り切れ続出状態、公式オンラインショップでは3年待ちになってます

うちは2カ月待ちでゲットできましたこの包丁を欲しがっていたのはこういうもの大好きな夫(*決して本人が使うわけではない)。そんな夫に連れられて取り扱い店に行ったのが8月。ネットショップでは軒並み売り切れで買えなかったのにそのお店では普通に予約受付をしてて店員さんが「2カ月待ちですけどよろしいでしょうか?」って申し訳なさそうに言うから「そのくらいなら全然問題ないです~」ってことで予約してきました。予想より早くてビックリ!

で、2カ月でちゃんと届きましたよ~

でも!!!今日お店に取りに行ったら『予約受付停止』と書いてありました。

うち、たったの2カ月待ちでよく買えたね。夫は「ほら、いいタイミングでお店に行ってよかったじゃん」とまたまたいつもの得意顔

タダフサの包丁は日本の職人技の結晶のような包丁です。まるで日本刀のような輝き!!!
Img_2364

公式ホームページにも『特筆すべきが「波刃ではない」パン切り庖丁の切れ味。パンの切り口がなめらかでパンくずがほとんど出ません。柔らかいパンはつぶさずにすんなり、皮が硬いパンも、先端部の波刃できっかけをつくることですっと切れます。』と書いてあるように、切れ味が抜群の包丁です。

私が焼くパン、普通のパン切り包丁で切るとかなりパンくずが出ます。タダフサのパン切り包丁で切ったらどうなんだろ~。月曜にパンを焼いて切れ味を普通のパン切り包丁と比較してみようと思います。楽しみ~


本日の
外気温:?℃
(6:30 am)
室温:?℃ 湿度:?% 
(5:00 am)

我が家のシャンプーボトル -住友林業で平屋暮らし-

急に思い出しての投稿。

買ったはいいけれど、ちょっと失敗したシリーズ。

我が家のシャンプーなどを入れるボトル、これにしました。
Img_4701
カンパニー・ド・プロバンスのボディソープ
が入っていたガラスボトル

カンパニー・ド・プロバンスはフランスのマルセーユ生まれの会社です。マルセーユ石鹸が有名ですが、その伝統を残しつつ現代風にアレンジしてフレグランスを加えて使いやすいリキッドタイプにしたのがカンパニー・ド・プロバンスのボディソープです。

と、メーカーこだわりのボディソープですが、うちは“ボトルが欲しかったから”買いました。

実際にこれらの中身は全てボディソープなのですが、使い切って夫のシャンプー、私のシャンプー、コンディショナー、ボディソープ入れにする予定で透明2本、茶色2本買いました。

新居の浴室用にガラスのボトルを探していました。プラスチックだとボトルを洗っているうちに傷がついてしまうのがイヤでガシガシ洗っても平気なガラスボトルが欲しかったのでこれを購入しました。

フランス製のこのボディソープ、ボトルはいいんだけどポンプ部分がちゃちいです。日本のものって安くてもしっかりしてるのに、このポンプはイマイチな造りです。

とりあえずポンプは別の物に変えてもいいかなと思うのですが、ちょっと失敗したなって思ってるのが色。うちのお風呂はトクラスのブルー系の壁。茶色の方のボトルが合いません…。浴室で茶色ボトルだけ浮いてます、っていうか、田舎だとこういう茶色のボトルには農薬入ってるっていうイメージなのよねえ黒や茶色のアクセントウォールの浴室だったら茶色いボトルがカッコよく映えると思うんだけど、うちの水色の壁とはミスマッチあまりよく考えずに買って失敗しました。

全部透明のやつにすればよかったーとプチ後悔していたのですが、あと2つ透明ボトルを買い足しました。来週には届くかな~。届いたら入居後1年の浴室っていう恐ろしい内覧会やってみようかな


本日の
外気温:12℃
(6:30 am)
室温:20℃ 湿度:54% 
(5:00 am)

ついに買えた靴ベラ -住友林業で平屋暮らし-

日曜に行ったのはヴィンテージショップだけではありません。何軒かお店を回って買ってきたもの。

①ポスター
家具の次に集めたいと思っているのは絵画やリトグラフやポスターです。1部屋に1つアートを飾ることを目標にしています。

今回買ったのはおたくコーナー(書斎)用のポスターです。車が大好きな夫は何か車関係のポスターを欲しいとずーーーっと探していました。なかなかピンとくるものがなかったのですが、ようやく今回カッコイイのを買えました。

車の透視図のポスターです!うちのおたくコーナーにピッタリです!
Img_1868

これをちゃんと額装して書斎テーブル前の壁に飾ります。っていうか、こういうのって額縁のが高いんだよねえ


②靴ベラ
こちらもやっと買えたもの。

靴ベラは毎日使うものだから良いものが欲しいと思っていました。

で、ついについについに買えたWOOD YOU LIKE COMPANYのウォルナットの靴ベラこれは端材で造るから注文して造ってもらうわけにもいかず、お店に行ったときに置いてないと買えないんだけど、5回くらい通ってやっと買えました

Img_1856
靴ベラ本体の柄の部分はただの真っ直ぐな棒じゃなくて、繊細に曲線を描いています。

この台座の中の丸いコロコロ部分もつるっつるでかわいいのよ~
Img_1858

似たような靴ベラは他にもあるけど、どうしてもWOOD YOU LIKE COMPANYのものが欲しかった!

そもそもWOOD YOU LIKE COMPANYのTVボードが欲しかったんだけど、お値段かなり高かったし、民芸を避ける為にUSMをTVボードにしたのでWOOD YOU LIKE COMPANYの家具は何も買えませんでした。TVボードもキャビネットも引き出しを閉めると空気がぼふっと抜けて、職人さんが相当丁寧に造り込んでいることが分かります。そういうものは何も買えなかったけど何か一つでもこの会社のものが欲しかった~。

玄関の長い手摺のところに置いて毎日使ってます。
Img_1864
プチ後悔ポイントの余計に付けてしまったコンセントがここに...。こいつ、ほんとに邪魔だよー。

ほんとはこれも欲しいんだけど、夫が「かわいすぎてうちの雰囲気に合わないからダメ」って言ってます。
Img_1867
(カタログから)

木の上に鳥ちゃんが乗っている洋服掛けです。いいな~、これ。このウォルナットのやつが欲しい~。でもこんなかわいいやつを玄関に置いたら設計さんもガッカリするね欲しいからって買わないのもインテリアを素敵に仕上げるコツだからしゃーないね。


本日の
外気温:?℃
(6:30 am)
室温:?℃ 湿度:?% 
(5:00 am)

エーケルンドのテーブルランナー -住友林業で平屋暮らし-

私は昨日から夏休みいや、むしろ普段の働き方が夏休み中のバイトのようなもんだけど…。夫も今日から10日間の夏休みです。それはうれしいんだけど、三食準備するのがめんどくさって思ってしまうダメ主婦です

夏休みも特に遠出はせずに家のことに費やす予定。いよいよ今週末に書斎テーブルが届き、おたくコーナー(書斎)が完成します!届くのが楽しみで仕方ありません。テーブル届いたらこの場所を整えなきゃ!


新居用に買ったものシリーズ。

書斎のカウンターテーブルを買ったお店でEkelundのテーブルランナーを発見!

“イケアっぽくない北欧系”を目指し北欧家具や雑貨も意外に多く取り入れている我が家なのでスウェーデンのこのテキスタイルを取り入れても十分に合うかなと思って購入。

インテリア雑誌でよく見かけるようにテーブルランナーがひとつあるだけでインテリアの質がグッと上がる気がしますが、どうやって使ったらよいのかいまいちよく分からない私。しかも一番大きなサイズがこれだったので、両脇に垂らすことができません。とりあえず真ん中に普通に敷いてみました(うっ、折りジワが...)。
Img_0191

こんどはここに素敵なガラス製品を買って花を飾ったりしたいな~とか少しずつダイニングの小物も充実させていければいいなと妄想してます。勉強勉強!

このテーブルランナー、明るい店内で見たときはちょっと色があり過ぎ?って思ったけど、ダークな我が家ではもうちょっと明るい色でもよかったかなあって気がします。グレーもきれいだったけど、ソファの張地と一緒になってぼやけるかなと思って紺にしました。ウォルナットと紺なら絶対に合うし。
Img_0183

試しにイビサフォルテにも置いてみました。逆にイビサフォルテにはもうちょっと小さい方がいいのかな。これだとテーブルの意匠が出なくなっちゃうし。インテリア小物もなかなか難しい。
Dsc_8481

Dsc_8490

店長さんにガシガシ洗ってくださいって言われました。洗えば洗うほどいい味でてくるそうです。ダイニングでの日常使いにもピッタリ!こういうものは何枚か集めたいなあ。


本日の
外気温:?℃
(6:30 am)
室温:26℃(締め切り) 湿度:71% 
(5:00 am)
最近窓を開けて寝ると寒くてタオルケットと布団を被ってます。今年は全然夏っぽくないなあ。

ヴィンテージのお皿 -住友林業で平屋暮らし-

新居用に新たに増えたアイテム。
Img_0768
これは日曜にいつも行くヴィンテージショップで買ったプレートです。42x14㎝の大きさがあります。

小舟のような形がとても気に入りました。
Img_0798
Img_0802

店主によるとスーホルムだと言うのですがSoholmのSolsikkeというシリーズとは微妙に絵が違っているし、裏印もマジックで書いたように見える…。本物だったら焼き付けてるんじゃないの???
Img_0766

そんな怪しげなものをなぜ買ったかといえば、それは単純に形と模様が気に入ったから!たとえノーブランドでもヴィンテージじゃなくてもプレートとしていいなって思ったので買いました。しかも普通のお皿の値段だったし。

いつも行くヴィンテージショップはお気に入りの場所ではありますが、正直売ってるものが本物だと100%信用しているわけではありません。

以前買ったこのリトグラフも
Dsc_7815
店主は「38/200などという数字は隠れちゃってて見えません」と言ってました。でも実際に自分たちで調べてみたらこれは“試し刷り”だということが分かりました。試し刷りなので当然エディションナンバーは書いてありません。店主の調査ちょっと甘いです。っていうかこんなことも知らなかったなんてヴィンテージショップの店主としてはちょっと恥ずかしいレベルかも。

また、結構有名な陶板が売っていたのですが、それも世の中に出回っているのとは微妙に違っていました。欲しいと思ったので後から写真を送ってもらいました。本物には右下にサインがあるのですが、お店に置いてあったものは写真で見る限りサインが見当たりません。一方同じ県内の別のお店の陶板にはちゃんとサインが入っていました。ってことで、いつも行くこのヴィンテージショップは気に入ってはいますが、ちょっと大丈夫かなっていう心配があります(雑誌にも載ったりしたお店なんだけどねえ)。

そんな店主からヴィンテージを買うのは賭けのようなものです。こんなにけちょんけちょんにけなしてるわりにはこのお店では結構買ってます。自分たちのルールとしてその品物が気に入って、品質が良く、その金額を出す価値があると感じたものだけ買うことにしています。

今回もこのプレートは大変アヤシイと思っているのですが、安かったし単純にイビサフォルテに合うと思ったから買いました。

本物かニセモノかを見抜く目をもっていない私たちのような素人がアンティークやヴィンテージを買う時は要注意です。最初からニセモノかもしれないと割り切って「よい木を使っている」とか「物としての価値がある」とか思えるものだけ買うことにしてます。そうすれば最悪ニセモノだったとしても後悔や精神的ダメージは少なくて済みます。リトグラフに関しても「あの店主、オリジナルだと信じてたね」と夫と笑えているし、気に入っているので買った後悔はありません。

かなり脱線したけど、今回買ったプレートはイビサフォルテのローテーブルに置こうと思ってます。でもまだカッコイイ置き方がわかりません。次に買うのはテーブルランナー。その上に置く計画。このへん、センスのいい人の指南が必要な我が家です。

Img_0798_2


本日の
外気温:23℃
(6:30 am)
リビング室温:27℃(締め切り) 湿度:72% 
(5:00 am)

家具の次は小物が欲しくなる~ -住友林業で平屋暮らし-

一通り家具を買い揃えたので、次に目が行くのは小物です。物が少なくて殺風景なLDKのインテリアに彩を添えていこうって思ってます。差し色として適宜青を配置していく計画です。

キッチンには今まで集めていたポーランド食器を飾り(早く棚を作らなきゃ)、ダイニングには青の張り地のヴィンテージのダイニンニチェア#420があるので、今度はリビングに置く青です。

ずっと欲しいなって思っていたものがあったんだけど、夫からちょっと早いホワイトデーのプレゼントとしてもらいました~週末、地域のお祭りのお手伝いに行き初めての大きなご近所づきあいに疲労困憊したので、その特効薬!がんばったご褒美

ついに我が家にきたー!!
Img_8246
(BITOSSI / Rimini Blue No.34)

イタリアの陶器メーカーのビトッシから出ているリミニブルーの復刻版です。オリジナルは1950年代初頭から作られましたがこれは2004年からの復刻シリーズです。

ふっくらしたトリの形ですが、“曲線”は我が家のインテリアのキーでもあるので、色といい形といいピッタリのアイテムです。

ネコやイヌ、カバなどいろんな動物をモチーフにしたオブジェやフラワーベースなどもありますが、私が欲しかったのはこのふっくらしたトリちゃん!ビトッシで50年間アートディレクターをしていたアルド・ロンディ(Aldo Londi)がデザインしたのですが、他の動物も大人の男の作品とは思えないくらいカワイイ作品が多いです。

この青、デザイナーの名前からロンディブルーって呼ばれてて、ものすごく鮮やかで、光沢のある青に緑が混ざっていて深みがあり、光の当たり方で全然違って見える表情豊かな陶器です。表面はデコボコしてるから影のでき方で色が違って見えます。陰影に富んだ作品です。

手作りの温かさと幾何学模様っていうミスマッチな組み合わせがとても魅力的です。

さてさて、肝心な中身は。ネットで買うと本物かどうかちょっと不安なときもありますが、ちゃんと本体にBITOSSIの刻印があり、箱の中にquality cardが入ってました。オジリナル版にはシリアルナンバーが入っているようですが、復刻版にはシリアルナンバーはありません。
Img_8245

いい色してます!見てるだけで幸せ~!!

Img_8274
顔も

Img_8249
真上からも

Img_8260
おしりも、どこから見てもかわいい!

2本足ですが、真横から見ると一本足で立っているように見えます。
Img_8252

日本の陶器は地味で大人っぽいものが多いけど、ヨーロッパには色鮮やかでかわいいものがあります。今まで集めていたポーランド食器も青を中心とした花柄や動物柄のかわいい陶器です。

こんなふうに↓テレビボードの上に置こうかなって思ってます。
Img_8254

隣にある時計は夫が独身時代から使っているドイツのヘルムレ(Hermle)のものです。設計士さんが写真を取りに来るとたいがいの小物は除けられてしまいますが、この時計だけはお気に入りのようで一緒に写真に入れてもらえます。
Img_8267
デザイン性は高いんだけど、時間がめっちゃ分かりにくいから私はあんまり好きじゃない….

これからのインテリアの方向性としては、たまたまヴィンテージの北欧家具が多くなってきたけど、スイスやイタリアの家具もあるから北欧家具にとらわれずに広くヨーロッパのインテリアを取り入れていきたいなって思ってます。

たまに玄関に置くのもいいかなって思うけど、ちょっとリトグラフの質感と違いすぎるかな。
Img_8269

もしかして、私ってトリ好き?玄関のヴィンテージのトリのオブジェとかバリのトリの絵画とか、家には結構トリ物があります。家の周りにもきれいなトリがいるからミカンあげて餌付けしてます(←インテリアとは関係ない)

リミニブルーに関しては50年前のオリジナルで欲しいものがあるんだけど、ヨーロッパの蚤の市とかに行かないと手に入らなそうです。いつも行くヴィンテージショップの店長さんから「4月にデンマークに買い付けに行くけどなにか欲しいものある?」っていうメールが来てたからリクエストしてみようかなって思ってます。北欧雑貨ではないんだけど、もしかしたらデンマークの蚤の市にあったりしないかなっていう淡い淡い期待を抱いてます。

リミニブルーはとってもきれいですが、アルド・ロンディのロブスターシリーズはどちらかというと日本の陶器の色合いに近い感じで、和風の家にも合いそうなので、今度は和室に置く何かをロブスターシリーズの中から探したいなって思ってます。

本日の
外気温:2℃
(6:30 am)
室内温度:18℃ 湿度:48%
(5:00 am)
なぜか今朝は湿度が上がった。どうしたんだ??

新居用に買ったもの&カーテンの新事実! -住友林業で平屋暮らし-

結婚記念日は忘れても、ライブの日は忘れません!この前の日曜、ライブを観に渋谷まで行ってきました。夏に別の人のライブに行ったときに時間があったからMODIの本屋をウロウロしていました。そして出会ったステキな本!!

『Kitchen』という洋書です。

私の憧れのキッチンエイドのミキサーが表紙になっています

そのとき「欲しいな~」と思ったのですが、買わずに帰ってきてしまったのでずーっと気になっていました。地元の本屋にはなかったので、また渋谷に行くなら絶対に買ってこなきゃと思い、日曜にお店で中身を吟味してからゲットしました!

Img_4848
世界中の美しいキッチンツールを集めた写真集です(マニアック~)。表紙がキレイなので、オープンボックスに飾ろうと思ってます。展示場にはよく表紙がかっこいい本がインテリアとして飾ってあるので、ぜひとも真似したいって思ってます。まだゴチャゴチャですが、かっこいい“見せる収納”を目指して日々飾り方を研究してます。

そしてそして、昨日、カーテンのことをブログに書いたと夫に話すと、
「そういえば、日曜の夕方、花柄の影が床にできてたから写真撮っておいたよ」
と無邪気に言う奴…。

ちょっとー、早く言ってよー。昨日のブログにまだ影ができてないって書いちゃったじゃんよー。

Img_4786

うわあああ、ほんとだあああ~、かわいいいいい~

どうやらこの時期でも午後の時間帯になると床にバーチカルブラインドの花柄の影ができるようです。でもブラインドと太陽光の角度が合わないとうまく出てくれないみたいで、出そうと思っても難しい貴重な影です!いいな~、私も見たいよー。せっかくLASER RISE Vを入れたんだから絶対に見なきゃ!!昨日まで薄暗くなるまでずっとカーテン開けっ放しで過ごしていましたが、今日から早めに閉めよっと
Img_4787