2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月

薬剤アレルギー持ちの私のコロナワクチン3回目(ノババックス)

2022年7月16日、コロナワクチン3回目接種

ド田舎暮らしの引きこもり主婦。3回目の接種は要らないかなと思っていたところ急激に感染者が増え、前回のワクチン接種から9カ月経ってるということで不安になり3回目を接種することに。やっぱり重症化は怖いし。

3回目は副反応が少ないと噂のノババックスがいいなと思って調べていたら、近くの会場で3日後に集団接種があることを発見。

さすがに3日前だから予約は無理かな~と思っていたらあっさり取れてしまった。今回は急だったからビタミンCやたんぱく質を摂るとかの副反応を抑える都市伝説があまり実行できず。

ちなみに他のワクチンはオンラインで予約できるのに、ノババックスは電話で、と書いてある。なんで???でも県のワクチンサイトのどこにも予約用の電話番号が書いていない。なんだか隠れアイテムみたいな存在のワクチンだなと思いながらとりあえずワクチン問い合わせセンターに電話してみたらそこで予約ができた。

ってことで会場へ。この会場ではモデルナとノババックスの接種をやっていた。土曜日なのにめちゃめちゃ空いていて訪れる接種者はあまりいない。なのにスタッフがやたらと多い!!!会場入り口から接種場所まで数メートルおきに「こちらです~」の案内が。スタッフ多すぎて目が泳ぐ。余計に分かりにくいぞ。1回目2回目は大きな病院の集団接種だったから接種者はかなり多かったけどこんなにスタッフいなかったぞ。なんだろね、無駄に多いこの地元会場のスタッフの数…。人件費…。

この会場のこの日のノババックスの予約者は4人!?めっちゃ少ない。ノババックス、人気ないのね。

予約したのはいいけれど、ふと心配になる。1回目2回目とファイザーで副反応もアレルギー反応も出なかったということはこのまま3回目もファイザーの方がよいのでは!?問診のときに医師に相談してみた。ノババックスの方が構成成分がファイザーより少ないからファイザーでアレルギー反応が出なかったのならノババックスでもほぼでないと考えてよいだろうとのこと。なるほどねえ。聞いてよかった。待機時間も15分で大丈夫でしょう、とのこと。

接種は痛みもなくあっさり終了。「力を抜いてくださいね~」でしっかり力が抜けていると痛くないのよ、と教えてくれた。空いているせいかとても丁寧だ。

15分の待機時間中も問題なし。念のため水だけは接種直後からガブ飲み。前回の接種のときもそうだったけど、接種後やたらと水分を摂るのにトイレに行きたくならない不思議。水分はどこにいってしまうのか。

15時の接種を終えたあとは家で安静に(ただのゴロゴロ)。家事はせずに(ただの怠け)夜はインドカレーを食べに行く(ただ食べたかっただけ)。夜になっても熱は出ないし接種した腕も触れば痛い程度。ただ背中の一点だけがキリキリ痛む。これって副反応?ただの神経痛?右側の肩甲骨付近がピンポイントで痛い。何時間か痛かったけどお風呂に入ったらラクになる。夫には「太ったから下着がきつくて痛かったのでは?」との疑惑をかけられる。

翌朝も特に症状はなし。熱も出ず、腕は接種当日より少し痛いけど触らなければ平気。赤くなってもいないし、腫れてもいない。倦怠感もない。かと言ってファイザーのとき味わった「覚醒したー!」っていう妙なスッキリ感もない。本当にいつもと変わらぬ普通の状態。

結局普通の状態で副反応らしきものは出ずに3回目の接種終了。ファイザーよりもラクだったな。噂通り、ノババックスは副反応が少ないのかな、ってのが感想。心配していたアレルギー反応も出なくて本当に良かった。ノババックスは気負わずに受けれてよいかもしれない。

接種前:36.6度
接種後:36.4~36.8あたりをいったりきたり
翌朝:35.8度

ウッドショックで買えていない物

木製品の値上がりで買えていないものがあります。アート用のフレームです。去年の結婚記念日にいくつかリトグラフを買いました。その中に「これはリビングに飾ろう!」と思って買ったとっておきの一枚がありますが額装せずにそのまま眠らせています。

いつもフレームにはこだわってオーダーメイドしています。絵の雰囲気に合ったフレームの幅や色にしたいし、絵によって余白の取り方が違うからホームセンターで買えるような既製品には入れることができません。

フレームは元々結構なお値段するんだけど木製にしろアルミにしろ材料費上がっちゃってて、特に木製はウッドショックで1つにつき数千円値上がりしてしまっているのでちょっと今買うのはどうなのかな~と迷いながら日が経ってしまいました。そうは言っても一旦値上がりしたものはウッドショックがおさまってもすぐに価格を下げるとも思えないしとっておきのリトグラフを丸めておいても仕方ないからそのうち思い切って買うとは思うんだけど。

フレームですらこんなんだから今だったら家なんて建ててない、っていうか建てられなかっただろうな。ウッドショックだけじゃなく円安による輸入品高騰や輸送費高騰、半導体不足による家電の品薄などあらゆるものが値上がりしている今、この家と同じ家を建てて同じ家具や家電を買うとしたらいったいいくら上がるのか。怖っ。

実家のプチリフォームを考えていて手始めに畳を全て剥がしてフローリングにしようと思っていました。知り合いの大工さんにバッタリ会ったときに相談すると、「急を要さないなら今やるのはやめな」と止められました。大工さんが「こんな状況で家を建てれる人たちは本当にお金あるんだな~って羨ましく思うよ」と言うくらい建築に関わるあらゆるものの価格が上がってるそうでフローリングにするくらいでも今はそのときじゃない、と。ま、何年も放置しているボロ屋敷だから確実に今やるべきことじゃないんだけどね。

ってことで実家の改造計画は時機を見るってことで中止。つまりこれは汚屋敷のほったらかしを意味するってことで、せめて掃除だけでも再開するかな…………涼しくなったらね。

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »