2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

« アベノマスクと給付金 | トップページ | 薪作業の現況 -住友林業で平屋暮らし- »

チョウバエの侵入口 -住友林業で平屋暮らし-

やはり和室の掃き出し窓のようです。

暑さのせいで外作業がだいぶ辛くなってきました。熱中症対策のためにこまめに休憩を取っています。

休憩をするときは和室の掃き出し窓のところに腰かけて飲み物を飲みながらボケーっとします。座ってるんだから網戸はありません。和室の掃き出し窓は浄化槽から一番近い窓。近くの外壁に侵入を狙った虫が待機しているので開けっ放しで休憩していると虫は入り放題。今日もチョウバエが入ってきました。

そのチョウバエ家の中で行方不明。どこかに潜んで産卵してまたひじきみたいな幼虫になるのか。

あれからも浴室にはチョウバエの幼虫が1匹2匹出てきます。どこから出てくるのかさっぱり分かりません。土曜に夫にエプロンを外してもらいました。入居のときエプロンは業者が開ける場所だから開けちゃダメって言われました。アパートのときはたまに掃除していたのに開けちゃダメなの?とビックリしたのですが、もしかしたらそこから幼虫が発生してるかもしれないし、開けてみることにしました。

ネジで留まっていて、そのネジが外しにくかったようです。で、外して見てみると、多少カビが生えていて、赤い石鹸カスの塊みたいなものがたくさん付いていた以外は虫などはいませんでした。4年近くほったらかしだったわりにはそんなに汚くありません。一旦中性洗剤できれいにしてから燻煙剤をやりました。

「外しちゃだめ」と言われたエプロンですが、これからも半年に一度くらいは外して掃除しようと思います。

毎年浄化槽の夏の点検のときは殺虫剤を入れてくれるのですが、来月にならないと来ないからとりあえず浄化槽の蓋の隙間めがけて大量に市販の殺虫剤を噴射しました。うちって外用の殺虫剤の消費量がハンパないです。1本すぐになくなっちゃう。それだけ虫が多いってこと。田舎だからしゃーないんだけど。

ちなみに今年多く見かけるのは黒い毛虫。西側の基礎の部分にやたらとくっついています。なんでそこなの!?って思うけど、よく分からないから見かける度に殺虫剤。下に落ちた毛虫はそのうち縮んじゃうからそのまま。私の中のワイルドさが増しています。


まだコロナは収束していないのに、街の様子は結構元のように戻ってると感じました。さっき体育館の前を通りかかったら30人くらいのオバちゃんたちが卓球したり体操したりしてました。窓を開けてても体育館みたいなところで集団になるのってイヤじゃないのかな。

そもそもなんで皆そんなに群れたがるんだろう。別に体操なんて一人で家でやればいいじゃん。こんな時くらい、せめてワクチンができるまで一人で過ごすことってできないのかね。仕事に行くのは仕方ないと思うし、飲食店が以前のように店を開けるのも仕方ないと思うけど、市の体育館で体操するのは経済活動と関係ないからね。やめとけって思うんだけど。

私は一人で過ごすことが平気な人だからそんなことを思っちゃうのかな。私みたいな方が少数派!?暑くなってきたから私もヨガを再開してます。もちろん家で一人で。暑くなってきたからヨガっていうのもへんな話だけど、要は外作業が危険な暑さだから、午前中は外の作業をして、午後は家の中でヨガやったりして過ごしています。一人でやるからって別に寂しくもなんともないし、誰にも気兼ねなく思いっきりできるし、別に何も困らないよ。

夜は飲みに行く人も増えてるみたいだし、第二波はすぐにくるな。

« アベノマスクと給付金 | トップページ | 薪作業の現況 -住友林業で平屋暮らし- »

田舎暮らしはツライよ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アベノマスクと給付金 | トップページ | 薪作業の現況 -住友林業で平屋暮らし- »