椅子⑧(GRAND HOTEL) -住友林業で平屋暮らし-

我が家にある椅子の話を一個一個書いたのに、しかもかなりのお気に入りなのに、なぜか抜けてしまっていたカワイイこいつ↓
Dsc_0382
イタリアのポラダ社製のグランドホテルです。デザイナーはTarcisio Colzani。

我が家の椅子⑧
Img_1084_2
GRAND HOTEL / Tarcisio Colzani / Porada

まだ他の家具が何も決まっていないうちから買ってしまった2人掛けのベンチです。

数年前アクタスから「グランドホテルが限定復刻するよ~」のハガキが届きました。夫は全く興味を示さなかったのですが私は見てみたかったので「とりあえず見るだけ見に行こうよ!」とアクタスに連れて行きました。見るだけのつもりだったし買うつもりは全くありませんでした。

ところが!

展示してあったグランドホテルを見て「うわ、これかっこいい!買っちゃう?」って一目惚れしてしまったのは夫の方でしたsweat02

値段が値段だから私はちょっと二の足を踏みましたが、夫はすっかり買う気満々。とりあえず冷静にさせなきゃと他の家具を見ながら店内をウロウロしたのですが逆効果!熱が冷めるどころか他の家具と比較したことでGRAND HOTELの美しさが余計に際立ってしまったようで、更に「限定」って言葉にもつられお買い上げ。っていうか、私もそのときはすっかりGRAND HOTELに魅了されてましたが…。

今となってはあのとき買っておいて本当によかったなって思ってます。なんといっても我が家のこのスペースにピッタリ!
Img_0141
この雪の日の一枚がおうちフォトのベストショットってくらいかなり気に入ってますheart04

日向ぼっこしながらここで本を読むのが最高に贅沢な時間です。公園のベンチに座って外で本を読むのが大好きで昔はよくやってたんだけど、最近はそういう優雅な時間は過ごせていません。その再現のようなことが家でできます。外の景色を見ながら夫も私もボーっと雑誌を読んだりしています。

木部は無垢のウォルナットです。仕上げも良くてつるっつる!接いでいる部分もきれいです。木目も美しいし、意匠も美しいし、我が家の家具の中では一番“美”っていう言葉が似合う家具かなって思います。あくまでもベンチなので座り心地はソファ程よくないけど読書にはピッタリ。

斜め後ろ
Img_1085

かわいい横顔
Img_1083
(さすがに丸い部分は削り出しじゃないけど、仕上げはきれい)

身体に合うようにちゃんと湾曲している背中部分
Img_1089

欲しいリビングテーブルがあったからporadaにはずっと興味を持っていました。アクタスのインテリア実例集『123人の家』も大好きでこの本で自分の好きなインテリアのテイストを確立していきました。

その中によく出てくるのがガルボチェアです。昔のハリウッド女優グレタ・ガルボの巻き髪をイメージしてデザインされたというガルボチェアですが、そのベンチタイプがグランドホテルです。我が家のインテリアの主軸を成す“曲線”が本当によく出ているデザインです。
Dsc_0381_2
『123人の家』にはガルボチェアはたくさん出てきます。でもグランドホテルは出てきません。そこがまた天邪鬼の心をくすぐりました。また、これを提案してくるICさんも絶対にいないだろうな~ってあたりも購入ポイントでした。

軽いしどこにでも移動できるので最初は寝室に置いていました。玄関に置いてもいいよね~って思ってたんだけど、今はLDKの“広縁”部分にずっと置いてます。
Dsc_0426
お気に入りの家具を飾っておけるからLDKを広く取っておいてよかった。

LDKでのソファの主役はリッツウェルのダイアナですが、グランドホテルもちゃんと存在を主張しています。
Img_5093
(ソファと比べると小っちゃ…)

どの家具も愛着があって買ってよかったって思うものばかりだけど、その中でもGRAND HOTELは一番のかわいさですheart04


本日の
外気温:マイナス2℃
(6:30 am)
室温:18℃ 湿度:37% 
(5:00 am)
結露なし

オリーブ&アーモンドの木 -住友林業で平屋暮らし-

最近の口癖、「もう無理...。」

ここのところ平日は実家の用事で忙しすぎてバイトにも行けない日々。地域や夫の会社の年度末の行事も増えてきて週末もアホみたいに忙しく、薪はどんどん減っていくのに薪作業もできませんdown

今朝は一段と冷え込みマイナス9度でした。マイナス9度はさすがに寒い…。空気がとても冷たく、マスクをしないと息をするのも冷たくてしんどい…。しかも一昨日の夜また雪が降ってしまい残った雪の上に更に積もりました。

薪棚の整理や薪割りをしたくても雪が残っていて作業できないし、山に残してきた丸太を取りに行くこともできません。去年は薪ストーブが楽しくて「冬も好きかも~」なんてのんきに構えていましたが、今年は寒すぎて春が待ち遠しくて仕方ありません。

ここのところの忙しさと寒さのストレスがハンパなく、冒頭の「もう無理...」が口癖になってしまいましたweep今日はようやく少し時間ができたので休眠中の庭木の世話と転がっている丸太割りをしました。

たまに立ち寄る農産物直売所には庭木にできる木も売っています(基本野菜の直売所だけど植木や花の種類も豊富)。この前アーモンドの木を買ってきました。880円! アーモンドって桜みたいなカワイイ花が咲くみたいだし欲しいなってずっと思っていたのですが、直売所をウロウロしてたら見つけたので即購入!早速地植えしようと思ったら植え付け時期は3月~4月だったので今日は断念。

まだ細い苗木だから今年の春は花を付けるのは無理かもしれないけど来年咲いてくれることを期待して育ててみようと思います。

そして、大きなオリーブも購入!こちらは土曜に搬入されます。今玄関前にはオリーブ、ハナミズキ(ホワイトラブ)、銀葉アカシアプルプレア、オタフク南天&名前を忘れた低木が植えてあります。が!!!この銀用アカシアがどうしようもないことになってますshock

もともとヒョロヒョロした樹木だったけど、異様に上への成長が早くて、でも幹は細いままなのでビヨ~ンとしなって車の出し入れの邪魔になっていますsweat02
Img_1063
支柱で支えようにも木がしなって真っ直ぐにすることはできず、ヒモで引っ張ったりして玄関前がめちゃくちゃになっています。葉っぱはとてもきれいなのですが、とにかく邪魔!!

葉っぱはこんな風にグラデーションしてて、すごくカワイイです。
Img_9525

でもデメリットの方が多い木です。
デメリット1:やたらと成長が早い
デメリット2:真っ直ぐに立ってくれずフニャフニャ
デメリット3:成長が早いわりにすっかすかで目隠しの役割を果たさない
デメリット4:カイガラムシがやたらと多い!!!(これが一番イヤ。殺虫剤撒いてもすぐに復活してくる。超気持ち悪い)

なのでこの木は別の場所に植えることにして玄関前には2mくらいのオリーブをもう1本植えることにしました。

私はもっと葉っぱの色が濃い常緑樹がいいなって思ってるし、この地域は寒すぎてオリーブには過酷過ぎる環境だと思うのですが、なぜか夫はオリーブが大好きなようで2本目を買いました。

オリーブが届いたら銀葉アカシアは別の場所に移植して玄関前をすっきりさせる計画。

何しろ忙しい週末。果たして植える時間はあるのか!?


本日の
外気温:マイナス9℃
(6:30 am)
室温:?℃ 湿度:?% 
(5:00 am)
結露なし...だったような

もっと早く買えばよかったもの -住友林業で平屋暮らし-

今朝外に出たときの夫の発言。
「今日はあったかいよマイナス3度だよ。」
寒いの大嫌いだった夫の発言とは思えません。私もマイナス3度くらいだと寒さを感じなくなりました。なにかがおかしい...。


ずっと気になっていた薪ストーブグッズを買いました。

去年薪ストーブ屋さんで体験してから「買ったら便利かな」「でも買っても使わないかな」って迷ったまま過ごしてきました。

キンドリングクラッカー!ポチっとしちゃいましたhappy01
Img_1028

早速使ってみたら、超便利!

うちには斧では割りにくい細めの木がたくさんあります。焚き付けに使いたいけど丸のままだとやっぱり燃えにくく不完全燃焼も心配だし結局丸棒は使わずにほったらかしになってました。でも今シーズンは薪の消費が激しいということもあり、この丸棒も活用しようと思い今更ですがキンドリングクラッカーを買いました。

っていうか、もっと早く買えばよかったー。使いやすいし、本当にきれいに割れます。
Img_1031
(またまた茶色ばかりで分かりにくい写真...sweat02

そして半分に割った丸棒はとてもよく燃えてます!大量にストックしてある丸棒、焚き付けだけじゃもったいないので本焚きにも使おうと思います。ちなみに半分に割って含水分率を測ってみると、3分の2は30%以上でした。伐採してから3年近く経つのに...。丸棒はやっぱり乾燥しにくいのね。キンドリングクラッカーで割って来シーズン用に乾燥させておかなきゃ。

ところで、このキンドリングクラッカーには大きいサイズもあります。夫は大きい方を買おうとしていました。たいていのものは大は小を兼ねるで大きい方を買っておけば無難ですが、こればかりは大は小を兼ねないと思い普通サイズを買いました。

私が意図しているのは細い丸棒を割ること。だいたい直径10~15㎝くらい。山に入れば焚き付け用の小枝は腐るほどあるので太い薪を焚き付け用に細かく割る必要はありません。丸棒を割るだけなら普通サイズのキンドリングクラッカーの方が使いやすくていいと思い普通サイズをゲットしました。我が家の薪ストーブ担当は私でどうせ使うのは私なんだから私が使いやすいタイプを買わないとねwink


今年のバレンタインデーはザッハトルテを作りました。冬場にチョコを使うお菓子づくりはキツイwobblyチョコが溶けにくいし、逆に油断するとすぐに固まっちゃうし、扱いにくくて苦労するねえ。
Img_1057_2
写真だとただのチョコの塊みたいですが、中は3層になっていて間に信州の杏ジャムを挟み込みました。

周りのチョコのコーティングが多すぎたのが反省点。ザッハトルテはチョコが薄くてパリっと割れるけど、私はチョコをかけすぎて食べるときにチョコを割るのが大変でした。次回はもっと薄~くコーティングしなきゃ。

雑な性格ゆえ相変わらず見た目は美しくありませんが箱に入れちゃえば大丈夫smileなんとなく雰囲気出ます!
Img_1049_2

味は大丈夫でした。甘いチョコケーキと杏ジャムの酸味がめっちゃマッチしておいしかったです。これはバレンタイン関係なくたまに作りたい一品です。


本日の
外気温:マイナス3℃
(6:30 am)
室温:19℃ 湿度:34% 
(5:00 am)
結露なし

無垢床だってひんやりするよ -住友林業で平屋暮らし-

こう寒いと話題も寒さのことばかり...。

以前『無垢床は冷たくない』って書いたことあったけど、訂正訂正!!!

無垢床は冷たくないっていうのももはや都市伝説ではないかと思う今日この頃の強烈寒波。無垢床だって冷たいときは冷たい!

今朝の外の気温はマイナス5度。先週がマイナス7、8度だったからマイナス5度が「今日は寒くないねえ」って感じてきました。完全に感覚がおかしくなってますwobbly

マイナス8度なんていう朝は前夜薪ストーブで暖めていない場所は冷えっ冷えになってます。で、LDKから玄関に行ったとき感じました、「床つめたっ!!!」

LDKも玄関もどちらも18㎜の無垢のウォルナット。室温が比較的高いLDKの床は冷たいと感じることはなく、いつもスリッパ履かずに靴下だけで歩いてますが、玄関に行くと「床つめてーじゃんannoy」って思います。このとき玄関の気温は10度くらい。要は室温が低ければ無垢床だって冷たいよってこと。「無垢床は冷たくない」なんて安易に言うもんじゃなかったなとちょっと反省。

また、寝室で気づいたのですが、寝室のカーテンを開けるとカーテンと窓の間の層のところの床(&空気も)がめっちゃ冷たいです(ここも無垢のウォルナット)。カーテンで仕切られた部屋側の床は冷たくありません。カーテンってちゃんと窓からの冷気を遮断してくれてるんだなあと感心します。

室温が低ければ無垢床だって冷たいけど適度な室温さえあれば冷たいってことはないから、やっぱり無垢床と非無垢床の違いはあるんだけど、それでも絶対に「無垢床はあったかい」とは言えないです。床暖じゃないからね。“冷たくない”だけ。

太陽に当たっているところとか薪ストーブの前とか熱源があれば蓄熱して無垢床はあったかいと言えますが、床が自ら熱を発しているわけではないからそこらへんは正確に書いておこうと思います。


話変わって、土曜に新規オープンのすみりん展示場を見学してきました。正直な感想、「えっ、これ?まじ?なんでこんなつまんない展示場建てちゃったの???」でしたsweat02

玄関とかLDKのサイズも普通だし、全体的にかっこいいとか憧れるとかいう要素がほとんどなくて、“普通の家”でした。それが狙い?わざと?キッチンハウスのキッチンだけが「これいいね!」ポイントでした(すみりん関係ないしsweat01)。

初めて行った住友林業の展示場がこれだったらうちは契約してなかったなあっていうのが超正直な感想。近くにあったミサワの豪華バージョンの展示場の方が憧れるし、一般の施主さんのweb内覧会の方がよっぽど豪華で見ていて楽しい。

他社との兼ね合い、時代の流れ、その地域の施主の傾向とかあるのかもしれないけど、やっぱり展示場では大手メーカーらしく豪華絢爛な夢を見せて欲しいなって思うんだよなあ。普通の家なら地元メーカーに任せておけばいいじゃんねえ。豪華な展示場だと現実とのギャップで契約取れない?よくわかんないけど、最近の新しい展示場はつまんないのが多いなっていう印象です。すみりんの展示場を50軒以上見てきたただのオタクの意見ですが...。


本日の
外気温: マイナス5℃
(6:30 am)
室温:19℃ 湿度:34% 
(5:00 am)
結露なし。

最強寒波に対するアフターさんからの注意事項

火曜にアフターさんが来ました。来るなり発した挨拶、

「こんにちはー。今朝雪降りました?」

挨拶が大寒波仕様になってます(笑)

そう、この地域、なぜかしょっちゅう雪が降って、朝起きると積もってますsnowその日も数センチの積雪がありました。天気予報では一切そんなこと言ってなかったのにっていうのがこの冬の定番になりました。やっぱりここは天気予報のエリア外。

先月の22日に降った雪が北側はまだ解けていません。薪を取りに行くとき苦労します。
Img_1004

さて、アフターさんは今回は和室の扉の件で来たのですが、ここのところの最強寒波に対する話もしていただけました。寒波に関していろいろと注意事項が伝えられました。

っていうか、明らかに去年より寒いです。去年のブログを読み返してみるとこの時期は寒くてもマイナス3度くらいでたま~にマイナス7度っていう感じでした。今年はマイナス7、8度の日が何週間も続いています。異常です。なのでおうちトラブルも多いようです。

アフターさんからいきなり、
「お風呂の残り湯っていつ捨ててますか?」
っていう質問。

一瞬、
‘んっ?なんだこのトリッキーな質問は!!どう答えるのが正解なんだ?カビ防止?全員入ったらすぐに捨てるのが正解?’
なんて色々なことを考えてしまいました。正直に答えればいいだけなんだけど、なぜか正しい回答を探してしまった私…coldsweats01

今年の寒さは異常らしく、ホームテックにもいろいろな相談が寄せられているそうです。先月22日の雪のときコールセンターには「お風呂の自動運転ボタンを押してもお湯はりができない」という電話が1日700件も寄せられたそうです。

すみりんブログを読んでいるとみんな最強寒波でも暖かく快適な冬を過ごしていてトラブルとは無縁のようですが、ブログを書いているのはほんの一部の人。知らないところでは住友林業の家といえども多くの大寒波トラブルが発生しているようです。

最初は残り湯の質問の意味が全く解りませんでした。うちは残り湯は朝の掃除のときまで溜めておきますが、掃除するとき抜いちゃってます。これ夜間にマイナスになる地域ではNGだそうです。

キッチン・洗面・シャワーなどのお湯は出てもお風呂の自動運転ができないというのは、浴槽にお湯をはるのは循環するシステムを取っていて直接給湯機からお湯が出るシステムじゃないからだそうです。循環のところで凍ってしまうのが原因らしく、ガスで沸かす人も電気で沸かす人も同じだそうです。

うちみたいに朝残り湯を抜いてしまうと夕方から夜にかけてマイナスになったときに循環のところが凍ってしまって自動運転を押してもバスタブにお湯が出てこないっていうトラブルが起きるらしいです。なので遅い時間にお湯はりをする場合は直前まで給湯口が隠れる高さまでは残り湯を残しておいてちゃんと水が循環するようにしておくことが必要だそうです。

特に田んぼの中の一軒家のようなおうちはもろに北風の影響を受けてしまうので要注意だそうです。住宅街でも一番北側に位置していて何も風を遮るものがない場合は同じだそうです。立地って意外なところに影響するようです。

で、我が家はというと…。寒い寒い山の中の家ですが、逆に山の中っていうのが幸いしているようで、北側に山を背負っているので北風が当たりません。なので今のところ自動運転はちゃんとできています。でも注意されたからには一応守った方がいいかな。

ちなみにこの県でももうちょっと北に行くとお風呂も寒冷地仕様になるらしく、循環のところの水は自動で全てなくなるようになっているから凍ることはないそうです。くっそー、やっぱりうちもすべてに関して寒冷地仕様にしてもらうんだったーdown

また、洗濯機が北側の壁に沿って設置してあるお宅では洗濯機の水が出ないっていう事例もたくさん起きているらしいです。我が家は洗濯機は家の真ん中、みたいな位置にあるので無事です。

お風呂の話のついでに出ましたが、住友林業の家は外壁などは“30年間はメンテナンスフリーでいけるよ~”っていう仕様になっているけど、水回りは昔よりリフォームまでの期間が短くなっているから注意してくださいって言われました。あらゆるものが高性能になってしまったので、それだけ部品の数も増え、それだけ壊れる確率も増えてしまっているようです。メーカー側の部品の保存期間は10年ってなっているから、結局部品がなくて10年で新しいものに交換なんてこともあるようです。

営業さんからもらった「いついつまでにいくら貯めておきましょう」っていうメンテナンス計画表には多分機械類のことは載ってなかったと思うし、油断してると痛い目にあいそうです。色々見越してお金を貯めておかないといけないってことねえdollar

また、室内の湿度は乱高下させずに30%台で一定がよいと言われました。乱高下すると床や家の構造の伸び縮みが激しくなって木材にヒビが入ったりしてしまうそうです。でもうちは薪ストーブがあるから例外。薪ストーブの熱が当たるところは床の収縮が激しいです。ウォルナットがガサガサしてきました。戻らないところまで縮んでしまう可能性もあるから、薪ストーブを焚いた時だけは加湿は多めにと言われました。直接火が燃えてるわけだし、そりゃ乾燥しないわけないよねってことで夜間は加湿器フルパワーでいきたいけど、そうするとまた結露が気になる…。

ああ、矛盾だらけの我が家…。早くもうちょっと暖かくなってくれるといいな~。


本日の
外気温: マイナス7℃
(7:30 am)
室温:16℃ 湿度:34% 
(6:00 am)
結露なし
薪棚がもうすぐ空っぽ…。ケチって使ってますがそれだとやっぱり室温が上がらず寒いから今日からまた豪快に焚きます。

薪置き場の崩壊 -住友林業で平屋暮らし-

うちの薪置き場は簡素な造りになってます。ホームセンターで買ってきた2x4とこの家の建築時に出たハンパものの木材をテキトーに釘で打っただけ。DIY初心者の夫が作ったのでそんな感じなのですが、意外なメリットがありました⇒簡単に移動できる!

うちの薪置き場は空の状態なら私ひとりでも持ち運びができます。季節によって日の当たり方って変わるから、それに応じて薪置き場を移動しています。新しい丸太を調達したときなども薪棚が邪魔で丸太が置けない場合があります。そんなときにも自由自在に薪棚を移動できた方が便利!ブロックの上に木材で造った薪棚を載せてるだけなのですぐに移動できます。軽い作りです。

なのでたまに崩壊します!!!

この前、ものすごく強い風が吹きました。元々薪の置き方が斜めってたなって感じていたのですが、なんと強風で薪が崩れ落ちてしまいました。ビックリ!
Img_3942
ガサっと意外ときれいに崩れました。
(茶色だらけで分かりにくい写真だなsweat02

まあ、崩れたら載せ直せばいいし、ちょうど薪の置き換えにもなっていいやっていうのが大らかな薪ストーブライフ。

でも気を付けないといけないのは下敷きにならないようにすること!もし崩壊の瞬間にこの薪棚の前で草むしりとかしてたら大怪我します。たいした量じゃないように見えても木は重いから何百キロもあります。

せっかく積み直ししたのに先月の大雪でまた倒れちゃうかなと思ったけど、雪には耐えられました。ってことで積んでいくときのバランスさえ取れていれば重さには十分対応できているようです。

ちなみにここは日当たり&風通し共に良いらしく、この薪棚の薪は全くキノコ祭になっていませんでした。場所によってはキノコの大感謝祭くらい恐ろしい薪棚もあります。だから余計に移動できる薪置き場が重宝してます。キノコ祭がひどくなった薪棚はもっと日当たりと風通しのよい場所に移動します。

今年はどこのおうちも薪の消費が激しいようです。うちも例外ではありません。崩壊した薪棚は来年用だったけど、含水分率が10%台になっているのでこの薪棚に手をつけようと思います。


本日の
外気温: マイナス8℃
(6:30 am)
室温:17℃ 湿度:48% 
(5:00 am)
寝室に結露あり!!!なぜか今朝は湿度が高かったので結露の理由はそれか!?

薪ストーブの暖かさ -住友林業で平屋暮らし-

今日はよく晴れて気持ちのよい天気でした。夫が休出で私は暇だったので庭木に寒肥を施しました。雪騒ぎで危うく忘れるとこでした。ついでにミニバラの剪定も。バラの手入れってよく分からないけど、去年適当ではあるけれど剪定したらちゃんとたくさん花が咲いてくれたので、今年も本を見ながら半分自己流で剪定しました。

太陽の下で作業をしてると暖かくてちょっとだけ春っぽいなんて思ってしまいましたが、まだまだ家の北側の雪は溶けていないし朝夕はマイナスの気温なので春はまだまだ遠いです。

毎日結露をチェックすると言いつつ、今朝さっそく忘れてしまっただらしのない私。しまったーbearing今朝の室温は19度、外の気温はマイナス6度だったのでもしかしたら結露していたかもしれません。

今朝は19度だったけど、1月は朝起きたときの室温が18度の日が多かったです。ところでこの18度っていう室温。「うちは朝暖房使ってないよ」って友達に話すと「でも18度って結構寒くない?うちはいっつもエアコン27度設定だよ」って言われました。

うん、確かに、18度ってそんなに暖かい温度ではありません。でも空気がモワ~っとしていてほのかに暖かく全然寒くないんです。暖房は要りません。

で、気づいた!この暖かさを表現するにはこう言ったらいいんだ!

太陽が出ているときの0度と太陽が出ていないときの0度の違い!

ここ数週間は日中でも気温0度なんてことも多かったです。0度ってかなり寒いsign04でも!太陽が出ているときの0度と曇っているときの0度って体感温度が違います。晴れの日の0度のときは特にコートなどの上着は着ないでうろうろしてます。一方同じ0度でも太陽が出ていないときの0度って本当に寒いと思います。「あああああぁぁぁぁ、もうだめだぁぁぁぁ、寒くてたまらん!!!早く家に帰ろう」となります。

そう!これだ!!!

薪ストーブで暖まった部屋の暖かさって太陽が出ているときの暖かさに似ています。

室温18度って一般的にはそんなに暖かくない室温だけど、夜間薪ストーブで22、3度まで暖まった室内が時間をかけて18度まで下がっていった室温は太陽が出ているときの気温に似ていてなんだかふんわりとモワっとした暖かさなんです。室内を歩くと暖かい空気をかき分けて歩くような感じです。

薪ストーブ周りは更にもわ~っとしてます。これは薪ストーブのオプションのヒートストレージが一応効いているからなのかなって思います。焚いているときに蓄熱した熱をすこ~しずつ放出してるのかもしれません。

こんな感じなので18度でも肌寒いという感じがせず、朝起きて暖房のスイッチを入れることもなく過ごすことができます。ただ、和室とか玄関に続く扉を開けてしまうと冷たい空気が入ってきてしまいますが。

2月は寒いと思うからガンガン薪ストーブを焚く予定。雪のせいで今シーズン使おうと思っていたピンコロが使えず今シーズン用の普通の薪が月末までもたなそうな予感です。もうすぐ薪棚2台が空っぽ。なので来シーズン分として乾かしている薪に手を付けることになりそうです。来年分はかなり多めに乾かしているから少しくらい今シーズンに回しても大丈夫かな。

Img_2864
(薪ストーブの番をするとき用に買ったオットマンが大活躍してます。暑くなってきたらさっと火の前から移動できて便利。でもやっぱりイージーチェアが欲しい!)


本日の
外気温: マイナス6℃
(6:30 am)
室温:19℃ 湿度:36% 
(5:30 am)

今シーズン最悪の結露(後悔ポイント)

昨日の朝、寝室のカーテンを開けてビックリしました。朝から大声を張り上げる私、
「なんじゃこりゃああああ!!!」

窓がびっしょびしょでした。

先週から毎朝の雪かきに気を取られて結露のことなんて忘れてカーテン開けたときもチェックしませんでした。昨日の朝久しぶりに結露チェックしてみたら以前よりはるかに多い結露の量。今回はなんとか写真に写りました↓
Img_0828
(寝室西側、1mくらいの高さにある細いfix窓)

この細窓はいつもは下の方1センチくらいが結露している状態でしたが、昨日の朝は5センチくらい結露してました。

また、以前はサンのところだけだった掃き出し窓の方も、ガラスの下の方数センチ、樹脂部分、サンが結露してました。樹脂部分にいたっては水滴が滴ってるじゃないかーshock
Img_0830
(寝室北側の掃き出し窓)

更にLDKの方も樹脂部分とサンのところとガラスの下の方が結露してました。
Img_0855
(LDK南側の掃き出し窓)

なんでこんなにーーーーーsad

この日特別湿度が高かったというわけではありません。寝室・LDKとも30%台。

やっぱりこれは室内外の気温差か?その前夜は12時くらいの寝室の温度は21度。LDKは23度くらいでした。翌朝の外気温はマイナス9度で室温は18度。

夫も「そりゃ室内外の差が30度もあれば結露するよ」と苦笑い。


そして今朝。室温は昨日と同じ18度で湿度は昨日よりちょっと低い35%。

どこも全く結露してませんでした。

なんでー?????????????

違いがあるとすれば外気温。いつも夫の出勤時の6時半の気温を測っていますが、今朝はマイナス3度でした。ここのところマイナス7、8度の日が多かったので、マイナス3度が暖かく感じました…。すっかり寒い国の人っていうかんじです。

まとめると...
昨日の
外気温: マイナス9℃
室温:18℃ 湿度:36% 
ひどい結露あり

今日の
外気温: マイナス3℃
室温:18℃ 湿度:35% 
全く結露なし

室内の温度・湿度がほぼ同じで結露の有無がこんなにはっきりしてるってことは、やっぱり原因は室内外の温度差なのかなって思います。そういえば、昨日も和室だけは全く結露してませんでした。測ってないけど、たぶん和室の気温は10度以下。室内外の温度差が20度くらいだったせいか和室だけは結露してませんでした。

朝だけで考えると昨日の室内外の温度差は26度、今朝の温度差は21度。この間に結露するかしないかの境界線があるのか?とりあえずこれからはブログに気温・湿度を書いた時は結露の有無も書いておいて我が家の結露のことをもっと調べて行こうと思います。


あああああぁぁぁぁ、また叫ぶよ、私。

設計さーーーーん、なんで断熱をもう一段階良いもので提案してくれなかったのーーー?????

確か普通に設定するよりは1つ良い断熱仕様にしてあるはずなんだけど、それでも足りなかったのだよ。ここ、意外と寒いんだよ。設計さんが住んでる地域とは違うからなあ。ここがこんなに寒いとは想像してなかったんだろうなあdown

いろんな後悔ポイントあるけど、おしゃれ洗面にしなかったこととか深型食洗機にしなかったこととか、そんな後悔どうでもよくなります。

断熱性能もっともっと上げればよかったーーーーー。

もしこれから家を建てようっていう人がこれを読んでいたら、契約前の最後の最後に
「このままの値段で断熱仕様を1つ上げてくれたら契約します」っていうのが目に見えなくても一番お得な条件かもよ。窓の仕様を上げるだけでも100万円単位上がるらしいからねえ。‘ハーモシーリングのサービス’とか‘床を無垢にアップグレード’とかより断熱性能のアップグレードだよ、断熱断熱!!!


本日の
外気温: マイナス3℃
(6:30 am)
室温:18℃ 湿度:35% 
(5:00 am)

雪と薪ストーブ2018バージョン -住友林業で平屋暮らし-

また雪がボッサボッサ降っていて積もってきてしまいました。まだ庭の雪もたくさん残ってるのに更に積もるのかーsad

今年もやりました、雪と炎のコラボ写真。
00img_0453
先週の大雪のとき。

寒すぎて日々の薪の準備が追い付かず、最近は薪ストーブを使うのにも疲れてきてしまいましたが、こういう写真を見ると「やっぱり薪ストーブっていいね。また頑張って火を入れよう!」って思えます。

今年は去年よりきれいに燃えてるから写真映りもよかったです。

まずは正面から。降り始めてから5時間後くらいで薪ストーブを焚きました。
01img_4073

同じアングルで照明点けて撮ってますが、炎と雪を撮るときは照明は邪魔かな!?
02img_0152

今回もガラスに映った炎が面白い感じになりました。
03img_0409

04img_4072

Img_0315
雪と薪ストーブ、いくら眺めていても飽きません。


週末だから昨夜は夫が薪ストーブ担当。夫はボーボーに燃やすのが大好きです。太い薪を3本入れてガンガン焚きました。2次燃焼では青い炎が勢いよく出てきました。
Img_0786

Img_0782
う~ん、写真だと写らないなあ。

数時間後、暑くてソファに座っていられなくなりました。またキャミソール1枚になって寝室に避難。

火の真ん前は本当に暑いです。真ん前って言っても薪ストーブからソファまでは2.5メートルは離れてるのに、ボーボーに勢いよく燃えている炎って本当に熱いです。そんな状態のときにソファに座っていると気持ち悪くなってしまいます。それでも外が寒かったのか室温は24度。これだけ焚けば26度はいきそうなんだけどねえ。

夕べは薪ストーブの最高表面温度は230度。230度って普通の薪ストーブだったら‘低すぎる温度’かもしれませんが、うちのScan85-6だと230度になると暑くなりすぎてリビングに居れない状態です(そもそも300度以上にしてはいけないストーブです)。低い温度でもちゃんと部屋が暖かくなるんだからたいしたもんだ。

今夜は私が薪ストーブ係。あまり暑いのは好きじゃないからいつものように控えめに焚きます。


本日の
外気温: マイナス8℃
(6:30 am)
室温:18℃ 湿度:34% 
(6:30 am)

大寒波に疲れました -住友林業で平屋暮らし-

寒い!!!

もうこれしか言うことがない…。

今週の朝、一番寒かったのは昨日で、マイナス12度でした。こんな数字見たことない!!!

水曜の朝はマイナス7度だったけど、9時の出勤時にまだマイナス5度で、お昼のとき0度で、17時の退社時はマイナス2度だったり、異常に寒いです。

そして、この地域、数年に一度の大寒波による大打撃を受けています。

水が出ない!!!

寒い地域のくせに雪が少ないせいか家の断熱が全くなっていないから日本で一番家の中が寒いと言われているこの県ですが、周りから毎日のように「水が出ない」という話を聞きます。

母が美容室に行ったら「今日は水が出ないからカラーリングやシャンプーはできません」と言われ、カットだけして帰ってきました。そういうレベルの寒さになってます。

そんな家が多い地域だからファミレスとかカフェがめっちゃ混んでます!!!家で調理ができないからみんな外で食事を済ませているらしいです。こんな話ずっとここに住んでるけど聞いたことありません。今年はよほど寒いんだなと思います。

近くの別荘地に住む伯父の家はお風呂に温泉を引いています。温水なので蛇口が凍ることはなくちゃんと出るのですが、ガス管が凍ってしまい追いだきが出来ないから結局お風呂に入れないと言ってました。

で、うちの実家。もちろん寒いです。家の中も平気で氷点下。キッチンの水道は午後1時くらいになってようやく使えます。お風呂や洗濯、洗面は自家水なので完全アウト!ここ10日くらい使えてません。井戸水は凍らないらしいのですが、配管がすっかり凍ってしまっていて結局水は出てきません。せっせとコインランドリーに通う日々です。

さて、そんなバカみたいに寒いエリアに住んでいるわけですが、我が家はこれでも相当断熱されてるなって身をもって実感しています。新しい家は素晴らしい!!!水は普通に出るし(さすがに外の水道は使えませんが)マイナス12度の朝も和室の室温は暖房なしの状態で9.8度。前夜に薪ストーブを焚いていたリビングは16度。

16度だとさすがにちょっと寒いと感じますが、それでもまだパジャマの上に1枚モコモコを着ればエアコン付けなくても大丈夫な室温です。薪ストーブのヒートストレージが多少は効いてくれてるかなと思います。

でも薪ストーブユーザーにとってはなかなか厳しいことが多い大寒波。外がこれだけ寒いとかなりの薪の量を使わないと室内が暖まらないので薪の消費量が恐ろしいことになっています。常に「薪どうしよう」っていう心配をすることに疲れてしまいましたdespair

薪の心配をすることが私のストレスになっています。そういうときは薪ストーブに暖めてもらおうっていう考えを一旦捨てて、エアコンを併用しながら乗り切るしかないなと思っています。

もうほんと、薪の心配に疲れたよ、パトラッシュ…


本日の
外気温:?℃ 
外に出る気力がなく測ってません
(6:30 am)
室温:17℃ 湿度:32% 
(6:30 am)

«雪の日フォト(室内編) -住友林業で平屋暮らし-