骨折から半年経過

薪割り中に原木で指を挟んでしまい骨折してから半年が過ぎました。2カ月後に取れてしまった爪も4か月後くらいには上まで伸び、あのモワ~っとした深爪の不快な感じもなくなりました。気圧の関係か何かでたまにうっすら痛いなと感じることはあるくらいで元通り。

ドクターには「爪はきれいには生えないかもしれないよ」と言われましたがほんの少し凸凹はあるものの元通りきれいに生えています。グルコサミン&コラーゲンのサプリが効いたかな!?

実は先週また指を挟みました...。電話で会話中、外のセミの鳴き声がうるさかったから和室の掃き出し窓を閉めたのですが、そのときに左手の中指を挟みました。痛くてその後の会話は適当な相槌になってしまいました。電話を終えて指を見てみると、また同じような位置に内出血を起こしていました。痛かったのですぐに保冷剤で冷やしました。でもこのときの痛みは薪で挟んだときの100分の1くらい。あのズキズキを経験したら今回の痛みなんて取るに足らないもの。痛みはあったけど内出血は広がらずに済み、翌日には触れば痛いくらいになりました。

と、しょっちゅうこんなことをしているので怪我の保険にも入っていた方がいいのかなと思うようになりました。昔は入っていたんだけど、「スポーツするわけでもないしインドア派だし怪我なんてしないよな」と解約してしまいました。その10日後に追突事故に遭い、もし保険を解約していなければ10万円出たってことを知りタイミングの悪さにクッソーと思った経験があります。

「怪我なんてしないよ」だった頃と違って薪に関わるようになったのでチェーンソーやハンマーを使うようになり、また、田んぼや畑で刈り払い機も使うのですがこちらも危険。事務系会社員で実家でなーんにもしないでグータラ暮らしていた頃より今はずっとずっとアクティブで怪我の可能性が1000倍くらい高くなったということで再び怪我の保険に入ろうかと検討しています。

ちょうど友達が転んで骨折した話を聞いたばかり。コロナ禍での運動不足が影響しているのか周りでも怪我が増えています。元々不器用でどんくさいタイプの私。体力増強とかバランス力強化とか何かやったほうがいいかもな。

エアコンを使いまくった7月の電気代 -住友林業で平屋暮らし-

7月の電気代が確定しました。エアコンをガンガン使っていたのでどれだけ高いのかとビクビクしながら明細を見てみると、

8,216円(前年同月比マイナス772円)

でした。あら、不思議。去年の同月より安かった!?とは言っても今年は30日で計算、前年は31日で計算されてるからほぼ同じと考えていいかな。

電気料金自体は上がっているのに、あんなにエアコン使いまくったのに、しかも去年より設定温度下げたのに、同じなのね...。本当に電気料金ってなんなんだろ。

今年の夏はこの家に引っ越してきてから一番暑く、エアコンを使いまくってます。日中はLDKのエアコンをお昼ごろから寝るまでずっと付けていて、寝室のエアコンも就寝時から朝までつけた日が何日もありました。これは我が家では異例なことです。山の中に住んでいるので夜になるとぐっと気温が下がり、窓を開けただけで寝ることができたのですが(去年はダイソンの扇風機も使いました)、今年は夜中になっても全く外気温が下がらず入ってくるのはジメっとしたぬるい空気。なので寝るときも朝までエアコンONです。去年までは朝まで付けていたことはありません。タイマーで3時間くらいってのが年に5日あるかないかでした。

明らかに去年よりエアコン多く使ってるのに電気代がほぼ同じなんだなあ。ってことはエアコン以外の部分で電気の消費量が減ってるのかなあ。もしかして炊飯器!?

5月に炊飯器を新調しました。15年くらい使っていた炊飯器を新しくしたからもしかしてこれ?古い家電は電気を喰うっていうけど、そうなのかなあ。謎だわ。

そうは言っても入居後初めての7月の電気代は5,800円だったことを考えると結構高くなってるんだなあ。あの頃はほとんどエアコン使うことなかったんだよなあ。やっぱり暑い日増えたよね。恐ろしい。

薬剤アレルギー持ちの私のコロナワクチン3回目(ノババックス)

2022年7月16日、コロナワクチン3回目接種

ド田舎暮らしの引きこもり主婦。3回目の接種は要らないかなと思っていたところ急激に感染者が増え、前回のワクチン接種から9カ月経ってるということで不安になり3回目を接種することに。やっぱり重症化は怖いし。

3回目は副反応が少ないと噂のノババックスがいいなと思って調べていたら、近くの会場で3日後に集団接種があることを発見。

さすがに3日前だから予約は無理かな~と思っていたらあっさり取れてしまった。今回は急だったからビタミンCやたんぱく質を摂るとかの副反応を抑える都市伝説があまり実行できず。

ちなみに他のワクチンはオンラインで予約できるのに、ノババックスは電話で、と書いてある。なんで???でも県のワクチンサイトのどこにも予約用の電話番号が書いていない。なんだか隠れアイテムみたいな存在のワクチンだなと思いながらとりあえずワクチン問い合わせセンターに電話してみたらそこで予約ができた。

ってことで会場へ。この会場ではモデルナとノババックスの接種をやっていた。土曜日なのにめちゃめちゃ空いていて訪れる接種者はあまりいない。なのにスタッフがやたらと多い!!!会場入り口から接種場所まで数メートルおきに「こちらです~」の案内が。スタッフ多すぎて目が泳ぐ。余計に分かりにくいぞ。1回目2回目は大きな病院の集団接種だったから接種者はかなり多かったけどこんなにスタッフいなかったぞ。なんだろね、無駄に多いこの地元会場のスタッフの数…。人件費…。

この会場のこの日のノババックスの予約者は4人!?めっちゃ少ない。ノババックス、人気ないのね。

予約したのはいいけれど、ふと心配になる。1回目2回目とファイザーで副反応もアレルギー反応も出なかったということはこのまま3回目もファイザーの方がよいのでは!?問診のときに医師に相談してみた。ノババックスの方が構成成分がファイザーより少ないからファイザーでアレルギー反応が出なかったのならノババックスでもほぼでないと考えてよいだろうとのこと。なるほどねえ。聞いてよかった。待機時間も15分で大丈夫でしょう、とのこと。

接種は痛みもなくあっさり終了。「力を抜いてくださいね~」でしっかり力が抜けていると痛くないのよ、と教えてくれた。空いているせいかとても丁寧だ。

15分の待機時間中も問題なし。念のため水だけは接種直後からガブ飲み。前回の接種のときもそうだったけど、接種後やたらと水分を摂るのにトイレに行きたくならない不思議。水分はどこにいってしまうのか。

15時の接種を終えたあとは家で安静に(ただのゴロゴロ)。家事はせずに(ただの怠け)夜はインドカレーを食べに行く(ただ食べたかっただけ)。夜になっても熱は出ないし接種した腕も触れば痛い程度。ただ背中の一点だけがキリキリ痛む。これって副反応?ただの神経痛?右側の肩甲骨付近がピンポイントで痛い。何時間か痛かったけどお風呂に入ったらラクになる。夫には「太ったから下着がきつくて痛かったのでは?」との疑惑をかけられる。

翌朝も特に症状はなし。熱も出ず、腕は接種当日より少し痛いけど触らなければ平気。赤くなってもいないし、腫れてもいない。倦怠感もない。かと言ってファイザーのとき味わった「覚醒したー!」っていう妙なスッキリ感もない。本当にいつもと変わらぬ普通の状態。

結局普通の状態で副反応らしきものは出ずに3回目の接種終了。ファイザーよりもラクだったな。噂通り、ノババックスは副反応が少ないのかな、ってのが感想。心配していたアレルギー反応も出なくて本当に良かった。ノババックスは気負わずに受けれてよいかもしれない。

接種前:36.6度
接種後:36.4~36.8あたりをいったりきたり
翌朝:35.8度

ウッドショックで買えていない物

木製品の値上がりで買えていないものがあります。アート用のフレームです。去年の結婚記念日にいくつかリトグラフを買いました。その中に「これはリビングに飾ろう!」と思って買ったとっておきの一枚がありますが額装せずにそのまま眠らせています。

いつもフレームにはこだわってオーダーメイドしています。絵の雰囲気に合ったフレームの幅や色にしたいし、絵によって余白の取り方が違うからホームセンターで買えるような既製品には入れることができません。

フレームは元々結構なお値段するんだけど木製にしろアルミにしろ材料費上がっちゃってて、特に木製はウッドショックで1つにつき数千円値上がりしてしまっているのでちょっと今買うのはどうなのかな~と迷いながら日が経ってしまいました。そうは言っても一旦値上がりしたものはウッドショックがおさまってもすぐに価格を下げるとも思えないしとっておきのリトグラフを丸めておいても仕方ないからそのうち思い切って買うとは思うんだけど。

フレームですらこんなんだから今だったら家なんて建ててない、っていうか建てられなかっただろうな。ウッドショックだけじゃなく円安による輸入品高騰や輸送費高騰、半導体不足による家電の品薄などあらゆるものが値上がりしている今、この家と同じ家を建てて同じ家具や家電を買うとしたらいったいいくら上がるのか。怖っ。

実家のプチリフォームを考えていて手始めに畳を全て剥がしてフローリングにしようと思っていました。知り合いの大工さんにバッタリ会ったときに相談すると、「急を要さないなら今やるのはやめな」と止められました。大工さんが「こんな状況で家を建てれる人たちは本当にお金あるんだな~って羨ましく思うよ」と言うくらい建築に関わるあらゆるものの価格が上がってるそうでフローリングにするくらいでも今はそのときじゃない、と。ま、何年も放置しているボロ屋敷だから確実に今やるべきことじゃないんだけどね。

ってことで実家の改造計画は時機を見るってことで中止。つまりこれは汚屋敷のほったらかしを意味するってことで、せめて掃除だけでも再開するかな…………涼しくなったらね。

パン教室1回目

ってことで突然行くことになった、パン教室。

先生の家は何階建てだか分からない大豪邸。御自宅の一室をパン教室にしています。めちゃめちゃ憧れるよ~。ガスオーブンが2台と電気オーブンが1台、真ん中のテーブルを囲って生徒が実践します。先生は上品なご婦人という感じの人でした。

めっちゃシンプルな工程表を渡されただけでスタートです。『ブリティッシュベイクオフ』のテクニカルチャレンジみたいだわ。実戦で覚えよってことなのかね。

本だけでやるのとはやっぱり違うってことをすぐに実感。本だったら「水にイーストを入れて混ぜる」だけで‘混ぜ方’までは書いてないけど教室なら当然どんな風に混ぜるのかも見れるわけで。今までのテキトーなやり方でよくイースト殺さなかったな、私、となったわけです。その他にも疑問はすぐに答えてもらえるし、教室に行く意味は充分にありそう。っていうか「なんでそれをやるのか」っていう理屈が分からないと気が済まない私には教室通いは向いているのかもしれません。

問題は教室で使う機械や道具が自宅にはないから家で作るときはどっちみちアレンジしてやらなきゃいけないってこと。キッチンエイドもバイタミックスもあるから新しい機械を買うのもねえ。

さて、私にとっての初回は他の人たちにとっては100回越え目のクラスなのでこの日はいきなり難しそうな米粉のフラワーパンとコッペパン。米粉パンって言っても小麦粉入りで米粉<小麦粉の割合のパン。ほとんど小麦粉のパンに近いかな。

ひゃ~、いいねいいね、上手に焼けたよ~。先生が手伝ってくれたから問題なく完成しました。
Img_8803
フラワーパンは中に甘いものを挟んでもよし、おかずパンにしてもよし、だし、カワイイから何度も練習したいレシピです。教室では生クリーム&あんこ&イチゴを挟んだものと、
Img_8828
バルサミコのドレッシングで和えたサラダにイチゴとカマンベールチーズチーズを挟んだものを仕上げました。フルーツとチーズの組み合わせなんてオシャレじゃないの~。
Img_8814

甘いのもサラダのもどちらもめっちゃ美味しかったです!

自己流とはいえ一応何年も自分でやってるし素人でも何とかなったから毎月通うことにしました。自宅で復習しなきゃいけないから月に1回でちょうどいいかんじです。

ただ、食べ物に関してだけやたらと神経質な私にはちょっと厳しい部分もありました。

まず人が触ったり捏ねたりした生地を食べたくない点。教室なので先生が教えるために生地を触ったり生徒が捏ねたりするんだけど手袋無し。もちろんコロナ禍なので途中途中こまめに手の消毒は行うんだけど、私は家で自分用に焼くときも手袋をするくらいだから他人が素手で触った生地は本当に厳しい...。

そして他人が洗った道具などを信用できないから使うのがためらわれました。特にキャンバス地のパンマット。母はこれを普通に洗濯機で洗ってました。当時は母が作ったパンを食べてたけどパンマットの事情を知ってしまうとオエーです。さすがに他のものと一緒に洗うことはなかったと思うけど、父のパンツを洗った後に洗ったのかもと思うと…。しかも分厚いから上手く乾かずに黒カビも見えました。パンマットの事情を知ってしまった今となってはもう無理。なので私は自分でパンを作るときにはパンマットは使いません。それが上手く作れない原因だと言われても今後も使うことなないです。

それから今回の材料に使ったイチコ。パックから出して洗わずに使われたけど、私は洗ってないイチゴが本当に無理。知り合いのイチゴ農家のおっちゃんはベロっと舐めてパックの上にかけるフィルムを取ったりした指のまま出荷用のイチゴを詰めたり、お客さんとお金の受け渡しをしてそのまままたパック詰めに戻ったりします。そんな姿を見ているから売っているイチゴ、特に直売所のやつなんかは信用してなくて、洗わないと食べることができません。イチゴは痛むから洗わずに使うって聞くけど、それは私にはオエーな行為。でも教室でそんなことは言ってられないから自分に「出荷前に洗ってある」と暗示をかけてパックから取り出したイチゴをそのまま使いました。はああ。

ちなみにイチゴ狩りで食べ放題なんて本当に絶対に無理。「まだ熟してないからこれは採るのやーめた」と誰が触ったか分からないイチゴをその場で口に入れるなんて正気の沙汰じゃない!!

初めてのパン教室

私の今までのパン作りは完全に自己流でした。本を見ながらやるのですが、その通りに出来上がるとは限らず、だから完成品に近づくにはどうしたらよいかひたすら実験と考察を繰り返していくスタイルでした。それでもそこそこのパンが出来ていたのですが、いつかパン教室に通ってみたいという思いもありました。

同時に、人に指示されることが大嫌いで自分で好きなようにやりたい性格、しかも集団で同じことをするのが何よりも大嫌いな私に大手の教室はなかなか厳しいという思いもあり踏み出せずにいました。

1カ月ほど前のこと。近くのパン教室に空きがでたので誘ってもらえ、「とりあえず見学だけ」ということで参加することにしました。

しかーし、後日かかってきた電話で
「エプロンと筆記用具と作ったやつを持ち帰る箱を持ってきてね」
と言われてしまいました。どうやら見学だけではないらしい…。

ま、いっか。先生の御自宅で行われているこじんまりとしたパン教室。生徒は私含めて3人だけ。集団行動的な要素もないから行くことに決めました。

ただ一つの心配は他の2人は10年以上習っているベテラン生徒。そこに私がいきなり入ってついていけるのか...

薪の為の植林 -住友林業で平屋暮らし-

何年か前から薪を確保する為の植林をしています。何度も挑戦しては失敗してきました。裏庭に勝手に生えてきているナラやカシの若木を休耕地や山に移植してきたけど悉く失敗。99%枯れてしまいました。2019年の1月に休耕地を整備して15本ほど植えたナラの若木は1本だけが根付いて育ちましたが、それだけ。2020年にはカシの木を10本ほど移植しましたが全滅。木を移植するのはなかなか難しいようです。休耕地だと水やりに行けないから根付く前に枯れちゃうのかな。

今年は森林組合からクヌギの苗を買って植えてみました。っていうか森林組合で苗木を売っているなんて今まで知りませんでした。定期的に届く組合誌や回覧版には目を通したこともなかったのですが、何気に読んでみたら「今年も山木の苗の販売をします」との情報が載っていました。スギやヒノキ、ナラ、クヌギ、他にも果樹など多種あるようです。問い合わせてみたら欲しかったカシとレモンはありませんでした。

とりあえずクヌギは1本150円という激安価格だったのでダメ元で15本買ってみました。

4月中旬に届いた苗木を見てビックリ!こんな感じのカッサカサなものが届きました。
えっ、これって枯れてるんじゃないの???
‘苗’のイメージとだいぶ違うんですけど...
Img_7620
一応根っこはしっかりしています。疑わしいけどとりあえず山に植えてみました。それから1カ月半。

さすが森林組合の苗は違う!
Img_8878
あのカッサカサからちゃんと新芽が出てきました!!周りの木々が青々としてきているのにまだこんなフワフワした感じの新芽しか出ないけど、しっかり根付いたのかなと思います。カシなんかに比べるとクヌギは成長が遅いけどこの先どんな風に伸びていくのか楽しみです。

ここに暮らし始めたときにこの苗の販売のことを知っていたらなぁと組合誌を読まなかった自分を恨んでます。使ってない土地はいくらでもあるので毎年10本くらいずつ植えて行こうかなと思っています。

別の方法も試します。友達に「花木はタネからやるよりも挿し木の方がうまく行く率が高い」と聞きました。調べてみると挿し木は素人でも比較的簡単にできるというのでカシとロウバイで実験開始しました。
Img_8886
Img_8885
どうなることやら。

実はアパートにいたときにモミジで挿し木に挑戦したことはあるんだけど、そのときは見事に失敗しました。ただ挿せばいいってもんじゃないらしい。しかもガンガン直射日光の当たるベランダに置いておいたからすぐに枯れてしまいました。今度はきちんと半日陰で管理します。

でもまあ一番手っ取り早いのは山の中の余計な木や雑草を退治して自然と生えてきているカシに光が当たるようにすることなんだよね。光が当たると一気に成長して背丈くらいのカシは5年で2か月分くらいの薪が取れるまでに成長するし。91歳のお爺さんを見習って山の整備もしていきたい!!

6シーズン目の薪の使用量 -住友林業で平屋暮らし-

さて薪ストーブライフの6シーズン目が終わったので今年もどのくらい使ったのかざっと計算してみました。

3.5立米、1.7トン

ってところ。

今シーズンは比較的暖かくシーズンインも遅かったけど、シーズン終わりに薪棚を空けるために薪を減らそうと暖かい日も無駄にガンガン燃やしたので後半使用量がだいぶ増えました。例年1.5トンくらいなので若干多めです。

2シーズン通った原木屋さんでは1回の購入量が約1.1立米ほどだから他からもらったり敷地内で調達できないときはやはり年間3回は買いに行かなければなりません。薪にする木を全て買うとなると1シーズン3万円かかることになるけれど、実際はまだまだ敷地内には切れる木があるし、山を整備して日当たりを良くしたことでカシの木がグングン育ってきているし更にドングリからも苗になっているし、3回買いに行くことはないかなとは思います。楽しいからついつい何回でも買いに行きたくなっちゃうんだけどね。

今年は本格的な植林活動も始めました。そのことは次回…。

やむなく薪割りを諦める

12月から3月にかけて91歳のお爺さんの山の開拓に伴い軽トラ10杯以上の原木をもらい、造園業者さんかも2回貰い、更にいつもの原木屋さんで2回ほど買った我が家。さすがに置き場所がなくなりました。

ってことでお爺さんからもらったクリ・シキミと造園業者さんからもらったネムノキは原木のまま置いておくことにしました。
Img_8717
まとめて置いてみたらまだこんなにあるんかい!!!と驚く。

我が家ではこれらはサブ薪扱い。うちで言うサブ薪とはナラ、クヌギ、カシ以外のたいして火力も火持ちもよくないけど焚き付け時やシーズン初めや終わりには十分温めてくれる意外と有能な薪のことです。メインで燃やす薪はナラ、クヌギ、カシ辺りですがカエデなどの庭木やクリ、謎が多いシキミ、ネムノキはサブ薪です。この冬に使っていたハリエンジュ(ニセアカシア)と同じ扱いで。正直ダメになってしまってもいっかな~の薪。なので薪棚が空くまで放置!

新しく薪棚を作る場所はいくらでもあるんだけど何度も書いてるように材料がウッドショックで値上がりしていて過去に作っていた値段ではとてもじゃないけど作れません。サブ薪用に無駄な出費をするのはもったいない。

なので竹で組んでいました。毎日のタケノコパトロールで何十本も蹴り倒しているくらい竹はどんどん生えてきてあっという間に成長するので材料はいくらでも手に入ります。

最初の頃は麻紐で固定していましたが夫が番線できつく縛る方法を習得したのでGWに入って早々ホームセンターに番線とそれを縛るシノという道具を買いに行き竹の棚を数台作りました。既存の薪棚は屋根を広くかけているのでその屋根の下に竹の棚を置くことができます。ギリギリ雨に濡れません。番線で縛ったのでガタツキがなくなりました。
Img_8719
っていうかもうサビてる。やだねえ。

実家の軒下にも3台の簡易薪棚を設置しました。実家は昔の家なので軒が2メートル以上あり薪棚もたくさん置けるのですが、万が一倒れて窓ガラスを割ったりしたら痛手なので控えめに3台。これで大小22台の薪棚が敷地内あることになります。業者かよ!

4年寝かせたカシの含水分率を毎年測ってきて何年も寝かしておいた薪でも一定の含水分率から下がることはないことが分かったのでこの22台分の薪も気にせず置きっぱなしにします。

友達がうちの庭にピザ窯を作らせてって話をしてるからサブ薪はピザ窯とか外での煮炊き用でも良いかな。ちなみにこのピザ窯計画、「勝手に作ってくれるならどうぞ~」の状態。本当に作るなら裏庭の芝の上がいいな。でも年に1,2回しか使わなそうなもの、邪魔っちゃ邪魔だ。

電気料金が大きく減った! -住友林業で平屋暮らし-

やっぱりね。冬場の電気代爆上がりの原因は加湿器だったようだ。

加湿器を使わなくなった4月の電気料金は前月比マイナス5,000円。前年までと同等の電気料金に戻りました。やっぱりダイニチのあの加湿器を標準モードで使うと月5,000円くらいはいくみたい。怖っ。

電気、ガス、この地域は水道料金まで値上がりしている昨今。なのにめっちゃ電気を喰う家電を買ってしまったなんて。来シーズンからは絶対にecoモードで使わなきゃ。

家電を買う時に性能や価格のことは徹底的に調べても消費電力までは調べなかった我が家。猛省して今後はしっかり消費電力までチェックしようと思います。

あ~、よかった~、あの恐ろしい電気料金から解放された~。電気代が元に戻ったし、4月は発電量も多かったのでプラス7,000円くらいになりました。他国では電気料金が2倍にも跳ね上がっているところもあるようだし、今後日本でも同じようなことが起きるようなら太陽光発電の全量買い取りの契約期間が終わった後は自家使用への切り替えにしたいな。夫は電気自動車を買いたいと言ってるし、電気自動車に蓄電して自分の家で使うのが一番かな。

«6年目の不具合補修 -住友林業で平屋暮らし-