無垢床と薪ストーブ -住友林業で平屋暮らし-

今朝は7時の気温がマイナス6度でしたcoldsweats02先週までめっちゃ暖かいって感じていたのに昨日は雪がチラつき、今朝は一気にマイナス6。有り得ないんですけどー。急に下がるの止めてほしい...。段階踏んでよー。身体がついていかないじゃないかーsad

夕べまで薪ストーブを控えめに焚いてたけど今日からガンガン焚かなきゃ!

さて、本日のタイトルの「無垢床と薪ストーブ」。

イメージだけで考えると最高の組み合わせのように思えますheart04

が、2シーズン薪ストーブを使ってみて、この組み合わせは実は最悪なんじゃないかっていう考えが頭をよぎります。

住友林業では床暖房をする人は無垢床はNGらしいけど、それってやっぱり床暖房の熱で無垢の木が反ったり割れたり劣化したりするのを避けるためだよね?ほとんど採用する人がいない薪ストーブに関してはそういうルールはありません。でも熱が加わるのは同じ。ほんとのところ、NGなのかもしれないsweat02

こう考えるのには根拠があります。薪ストーブの前だけ床がキシキシ鳴ります。いつもじゃないので床鳴りってやつとは違うとアフターさんに言われました。床の収縮によって起きていると思われますが、他の場所はキシキシしません。薪ストーブの前1mくらいだけ。

そしてその辺は他の場所よりも隙間が大きくなります。それでなくとも木屑や灰などゴミが出る薪ストーブ周辺。隙間にゴミが入ります。隙間が大きいので掃除機で簡単に吸えるからそれはそれでいいんだけど、でも他の場所より縮んでいるのは心配。

更に更に無垢の表面がザラつきます。どう考えても薪ストーブの熱が床に悪影響を与えているとしか思えません。

一番心配なのはこんなに激しく収縮を繰り返して無垢床にダメージを与えてしまうのではないかということ。割れたりしたら大変。薪ストーブ前だけはシーズン中は1カ月に一度は念入りにオイルを塗ろうと思ってます。いつの間にかオイルを塗るのも上手くなったので夫の休みを待たなくても自分でできちゃうし。水分を与えることができないオイル塗装なので、オイルを塗り込んで保護していこうと考えてます。

情報がないから実際はどうなのか分からないけど、用心するに越したことはありません。ってことで上手に薪ストーブと付き合いながら今年もあったかい冬を過ごそうと思います。
Img_4820


本日の
外気温:マイナス6℃
(7:00 am)
室温:?℃ 湿度:?% 
(5:00 am)
結露あり!!!やはり外がマイナスになると室内外の温度差で
結露してしまいます。断熱足りないよーcrying

【WEB内覧会】 入居2年後の書斎じゃない書斎

今まで何度も書いているけれども、ここは“書斎”などという高尚なものではなく、夫婦の趣味を結集したオタクのためのオタクコーナー。だいぶ整ってきました。

寝室方面へ。
00dsc_9297

窓方面へ。
01dsc_9428

夫が少しずつ古~いカークラフィックを買い集めているのでちょっとずつオープンボックスが埋まってきました。
01dsc_9746

入居直後は期待するほどの量じゃなくて設計さんをガッカリさせてしまったけど、徐々に増えていってます。
02img_4124

雑貨部門は相変わらずゴチャゴチャしてるけどなんとなくカテゴリーごとに分けるようにはなってます。
03img_4036

お気に入りの建築コーナー
04img_4127

一番変わったのはカウンターテーブル前の壁。
05dsc_9300
後ろの棚の中身に合わせて寝室側には北欧ヴィンテージの三角形の飾り棚、カーグラフィックの対面となる窓側には車関係のもの、と夫婦それぞれが好きなものを飾ることにしています。

窓側はなかなか面白い仕上がりになったと思います。
Dsc_9303

Img_4148
ハンドルはNARDI。マホガニーでできています。取材に来た編集長がこのハンドルを見て即座に「マホガニーのハンドルですね~」と発し、夫が「さすがだー、一目見てマホガニーのハンドルって分かるってただものじゃない!!!」と称賛してました。

夫のお気に入りのアルネ・ヴォッダーのチークの椅子もウォールナットのテーブルにマッチしていてここに三大銘木大集合になってます!マニアック~。
Img_4032


本日の
外気温:11℃
(7:00 am)
室温:21℃ 湿度:40% 
(5:00 am)
12月に入ったから結露観測もスタートします。
本日は結露なし!

キッチンの水栓も修理 -住友林業で平屋暮らし-

最近修理が多いです。今度はキッチンの水栓。

うちのキッチンにはGROHEのK4が付いていますが、その先端部分のメッキがめくれてしまいましたdownめくれてっていうか、めくったというか...。フライパンを洗っているときにぶつけたのが原因。

メッキがめくれただけじゃなく、これがまた、結構な凶器になるんですdanger鋭くめくれていて、ちょうど指が当たる位置がそのめくれた部分になるので指を切ってしまいます。

これは危ないってことで修理してもらうことにしました。

グローエの日本での代理店はリクシルなのでリクシル経由で直すことになりました。

部品はドイツから取り寄せになるようで依頼してから1カ月以上かかりました。先端部分だけじゃなく、ホースにつながっているのでホースの先まで全て交換。先日ようやく部品が届いたということでリクシルの人が交換に来てくれました。

予想はしていたんだけど、シンク下の収納の中身を全部出さなければなりませんでした。ひぃぃ、収納上手の奥様と違って私は公開できないレベルのグチャグチャさ。先にやっときゃよかった…。リクシルさんが修理の準備をしている間にこそっと中身を出しました。

修理自体は簡単なようで新しいノズルホースへの交換は10分くらいで完了。
Img_4495

Img_4496

Img_4497

今回の見積額
部品代:10,800円
作業料:6,000円
出張料:2,500円
消費税:1,544円
合計:20,844円

高い~wobbly作業料6,000円て…。ちょっと器用な人なら部品だけ取り寄せて自分で直すかもね。

今回は自己負担0円だからよかったけどdash

Img_4502

さて、ノズルホースが新しくなってどうなったかと言うと…。

水の切れが悪くなったじゃないかー!!

今まではレバーを閉にすると同時にピタっと水が止まったんだけど、ホースを新しくしたら閉めても水が止まるまでにタイムラグがありポタポタと流れるー。なんかおかしくない?しかも水がシャワシャワ。ものすごく気泡が多い水が出てきます。う~ん、なんだろう、これ。元栓のところ全開だからか??とりあえずあとでアフターさんに聞いてみよう。


本日の
外気温:?℃
(7:00 am)
室温:22℃ 湿度:36% 
(5:00 am)

新品同様になったダイソン -住友林業で平屋暮らし-

壊れてから2週間。掃除機のない生活もそろそろ限界でした。ワイパーと空気清浄機じゃ除ききれないホコリが部屋の端っこに溜まり、家中がホコリっぽくて喉がイガイガし始めましたwobbly

掃除なんて大嫌いな私ですが、さすがに「はあああああ、掃除機かけたいよーーーーー」と一生のうちに何度口にするか分からないような希少なことを叫ぶほど家の中はホコリまみれdown

修理に出してから10日。土曜にやっと戻ってきました。

修理内容を見てみるといろんな部品が交換されていました。5つの部品交換の中にはメインのモーターもありました。ブラシが回転しなかったヘッド部分は新しいものになって戻ってきました。
「これ、外側とホース以外は全部交換になったんじゃないの?」ってくらいの状態になって戻って来た我が家のダイソンDC63。

汚れていた部分もきれいに掃除していただきました。

使ってみると音も静かになっていて排出される風が強くなっていました。明らかにパワーアップした様子upup新しくなったモーターヘッドは滑らかな動き!!!これなら床に傷つかないよ~。

本体のタイヤの滑りも良くなりました。今まではひっかかりがあったり、途中でコロンと倒れてしまって床に傷つくことが何度もあったから本体を手で持って掃除してました。重いしかなり厄介でしたが、戻って来たらタイヤがすーっと滑らかに動くから手で持ちながら掃除機をかける必要がなくなりました。

ヘッドが新しくなったからワイパーで掃除している期間に無垢床の隙間にはさまってしまったゴミもパワーブラシでかき出してスッキリ!

ってことで、ほぼ新品同様になったのであと3、4年は使えるかなって思いますwink

今回はケーズデンキの無償保証で直してもらったけど、自腹だったとしてもメインのモーター部分まで交換したとなると25,000円(税別)でも元は取れたかもしれません。でもお店で「修理代は一律25,000円になります」って言われたときに「じゃあお願いします」っていう判断になるかどうか。たぶん新しいものを買う選択肢を選ぶんだろうな。

いやあ、ほんと、保証って大事ね~shine最近の家電は高性能が故に部品数も多くて壊れやすいと聞くから物によっては10年の延長保証に申し込んでもいいのかもねって今回のことを受けて夫と話しています。

次に買う家電は炊飯器か洗濯機か。家電は壊れたら買うルールなので家が建った時も旧宅のものをそのまま持ち込みました。今年、実家で採れた米がものすごく不味くて、「もしかしたら炊飯器のせいか!?」って思って検証してみました。7年くらい前の母の日にプレゼントした『かまどさん』。母が「かまどで焚いたゴハンが食べたい」って言ったからプレゼントしたのに「めんどくさい!!」って言って使ったのは一度きりpoutそれ以来物置小屋に眠ってました。

それを発掘してきてゴハン炊いてみました。やっぱり不味い!!!ってことで炊飯器の問題ではなく米の問題ってことが判明(今年はスーパー猛暑のせいで米の質がイマイチらしい)。最近の炊飯器はゴハンが本当に美味しく炊けるらしいけど、そもそも米がダメなんじゃ新しい炊飯器買っても意味ないよねー。ってことで、少なくとも来年の米の収穫までは今の炊飯器でいきます。

ほんとは今年は洗濯機を買う予定でした。夫が「Cuble買おうnote」って言ってたんだけど、どうも我が家には無駄と思えるような機能が満載。しかもなかなかのお値段。今のやつまだ使えるし~ってことで今年も買わずに見送りました。

洗濯機に至っては、最近知った驚きの事実。1997年製でした!!夫が一人暮らしを始めたときに伯母さんにもらったらしい洗濯機。もしかしたら伯母さんが使ってたやつを「新しいの買うからあげるよ」っていうパターンだったのか!?まだまだ現役で使えるから使ってるけど、家を建てたときに97年製ってことを知っていたら新しいの買ってたなあ。

でも普通に問題なく使えちゃってる今。まだまだ買い替えはなさそうです。

まあ別に新しいものを買う必要もないから、炊飯器も洗濯機ももうしばらくこのままいこっと。


本日の
外気温:1℃
(7:00 am)
室温:20℃ 湿度:34% 
(5:00 am)
湿度がヤバイ!!!

【WEB内覧会】入居2年後の和室

今朝の外の気温0度!!!確実に夜間は氷点下!急に冬になった感じです。

入居2年後の内覧会。現在の和室の姿がこれ↓
00dsc_9354

使用頻度が低い故にあまり変わっていない場所が和室です。夏場は畳の上でゴロゴロすることがあっても冬になるとそれもなくなります。

薪ストーブのシーズンとそれ以外でテーブルが違います。今は薪ストーブを焚いているのでイビサフォルテを和室に避難させています。
01img_3991
やっぱこの反りと浮きがいい!

以前『イビサフォルテと急須』という記事を書きました。かっこいい急須を買い、「イビサフォルテの上でお茶を飲みたい!!」って思ったのがきっかけでローテーブルを買うことに決めました。

実現しています!やっぱり合います!
02img_3983_2

03img_4066_2

でもここでお茶を飲むのはおいしいお茶菓子が手に入ったときくらいです。なので普段は急須をイビサフォルテに飾ってインテリアにしています。
06img_4063

家具が一つ増えました。チークのコーナーキャビネット。
04img_4082

三角形なので角にぴったりハマります。
05dsc_9358

後々これは場所を移動してミニ仏壇を置こうと思っています。このキャビネットはそもそもお酒を入れる為のもの。コンビニと言われるほど酒好きだった父には何よりの供養ではないかと思ってます。ちなみに365日休みなしで飲んでた人なのでコンビニ…。

今は陶器を飾っています。

MAYUHANAは点灯してなくても綺麗です。ダウンライトを点けた状態で下から見るとダウンライトの光がMAYUHANAを通ってきて煌めきます。点灯すると薄紫ですが、点灯しな状態だと本来のMAYUHANA BLACKを見ることができます。
07img_4150
エアコン邪魔―――!!!

使用頻度は低くても作ってよかった和室です。


本日の
外気温:0℃
(7:00 am)
室温:?℃ 湿度:?%
(5:00 am)

逆転!ウレタン塗装vsオイル塗装(ダイニングテーブル)

平日夫は薪ストーブをいじりません。帰りが遅いので薪ストーブ担当は私になります。なので週末たまーに夫が薪ストーブ担当になるとめちゃくちゃなことになりますimpact

夕べは9時くらいに室温が28度になってしまい暑くて暑くてどーしようもなくなりました。28度って言ったら冷房使ってもいい室温じゃないかー!!!原因は薪を3本ずつ入れてたこと。この時期まだ2本で十分なのにそれを知らずに最初から3本ずつ入れてガンガン焚いていた夫。そりゃ暑くなりすぎるよーsad

本題。

ダイニングテーブルについては購入前からずーーーーっと

ウレタン塗装vsオイル塗装

を考えてきました。

前回の記事ではウレタン推しでした⇒
ダイニングテーブルはウレタン塗装かオイル塗装か(2年使ってみての結論)

でもまた考え方が変わりましたsign03

変わった理由は床の補修をやったから。

無垢ウォルナットの床の傷にヤスリをかけてオイル塗り込んだら傷がほとんどなくなり、物を落として凹んだ穴はアイロン補修で見事に目立たなくなりました(深い凹みは無理ですが)。思った以上に補修は簡単でした。家具屋さんにダイニングテーブル補修の実例は見せてもらっていましたが「自分達ではやりそうにないな」と思いお手入れ簡単なウレタン塗装にしました。

が、床の補修が思った以上に簡単にでき、これだったらダイニングテーブルもオイル塗装でよかったんじゃないかという考えが少し出てきました。

そしてつい先日。実はイビサフォルテに物をぶつけてしまい、凹みを作ってしまいました。かなりショックですcryingこれはもう補修してみるしかない!!!と思い、思い切ってアイロン補修してみました。結果、凹みが目立たなくなりました!!!色ムラもなし!

今までは怖くて手が出せたなった家具への補修。床ならやれるけど、無垢の家具にアイロンかけたりヤスリでこすったりする勇気はありませんでした。「値段考えるとムリー!!!」って思ってました。所詮床だから大胆にアイロンかけたりヤスリで削ったりできるのだと思ってました。

でも今回思い切ってイビサフォルテにアイロンかけてみて、「できるじゃん!」ってことが分かり、ダイニングテーブルへの考え方も変わりました。7:3くらいの割合で今はオイル勝ちです。

多くの家具屋さんがオイル塗装を勧めてきたのも今なら理解できます。

うちはウレタン塗装なので日頃のお手入れは本当に簡単です。でもでもでもでも!できてしまった傷や凹みは自分で補修することができません。物を置く以上まったく傷ができないってことはありません。何も手出しができないのでそのまま。数年後にはウレタンの再塗装も必要になります。費用は5万くらいかかると聞きました。

それでもまだ完全にオイル推しにならないのは毎日使うものだから。やっぱり大胆に使えるっていうのはズボラ主婦にとってはラクでいいです。それに食事をする場所っていう性質上、水拭きしたり除菌スプレーしたりできないと困ります。オイル塗装のテーブルを毎日水拭きして除菌スプレーをかけても大丈夫って言うんだったら完全にオイル推しになりますが、床ですら水気はNGなので無理なのかなと思います。ダイニングテーブルをオイル塗装にした人はそこらへんはどうしているのか気になります。今度オイル推しの家具屋さんに行ったら聞いてみよっと。

ダイニングテーブルはオイル塗装がいいかウレタン塗装がいいか、だんだん考えが変わってきてるけどそれでもまだ結論が出ない問題です。器用でマメな人だったらオイルでいいと思います(結局そこ)。


窓からの景色もすっかり秋になりました。
Img_4418
でも今年は暖かいせいか紅葉があまりきれいじゃありません。近所の借景のモミジも紅葉しないまま葉っぱが落ちてます。残念です。


本日の
外気温:8℃
(6:30 am)
室温:22℃ 湿度:38%
(5:00 am)

掃除機が壊れてダイソンが嫌いになった話

日曜日、よりによってホームパーティの当日に掃除機が壊れましたdown

うちの掃除機はダイソンのDC63で、アパート時代から使っているので4、5年になります。

夏ぐらいからたまにモーターが熱をもって緊急停止することがあったのですが、日曜にヘンな臭いがしてきました。毒々しいニオイだったからヤバイと思い、一旦使うのをやめました。料理など準備しているあいだ放置しておいて、お客さんが来る前にLDKだけかけることができました。

そして月曜日。一日経ったし大丈夫かなとスイッチを入れたとたん、ものすごおおおくヤバイ臭いと音がしましたbearing爆発するんじゃないかってくらい危険な感じの臭いだったのですぐに停止。火でも噴いたら大変!

4、5年で壊れるっていうのはちょっと早くない?前に使ってた日本のやつは10年以上もったけどなあ。まあうちはだいぶ酷使してるとは思うけど…。

薪ストーブがあるから普通の環境で使うよりは壊れやすいとは思います。薪ストーブから出る灰ってサラサラで粒子が細かいです。「薪ストーブは室内の空気をきれいにする」って言ってる人もいるけど、私はそれは高気密高断熱の家では当てはまらないと思ってます。家全体の換気状態の方が強いから(2時間で家中の空気が入れ替わるくらいだから強いと思う)、細かい灰が室内に引っ張られてしまいます。薪ストーブを使い始めた途端に建具が汚れます。そんな細かい灰や薪ストーブ周りにこぼれた灰や木の粉を吸うので掃除機の寿命が短くなるのは仕方ないなと思います。

ロボット掃除機は便利そうだなと思うけど、普通の掃除機より繊細な機械だろうからこの環境ではすぐに壊れてしまいそうっていうのも不採用の理由の一つです。

で、掃除機が使えないっていうのはハウスダストアレルギーの私にとっては大問題です。ワイパーと空気清浄機の留守掃除モードを代用してますが、長期間は無理です。あとは吸引力に乏しいハンディクリーナーに頼るしかありません。

家電大好き夫はここぞとばかりに次に買う掃除機の検索開始。「さっそく週末に買いに行こう!」と張り切っています。

が、ちょっと待て!!!

なぜ修理という発想にならない?

ってことで昨日近くの家電量販店に行って聞いてみました。

ダイソンの修理費用は一律25,000円(税抜)と言われました(ただしコード有り掃除機でスイッチの修理とか超超軽いものだったら12,500円のこともあるみたいです)。小さな修理でも大きな修理でも25,000円で、数か所修理の場合でも上限25,000円っていうシルテムらしい。めちゃくちゃな商売だなあsweat02

う~ん、微妙なラインだ。25,000円かあ...。新しいのを買った方がいいかなって思いそうな価格設定...。

うちのはたぶんモーターが壊れてるし、手元のスイッチも効かないし、ローラーも回転しないから全てがきちんと直るんだったら新しいのを買うより修理してもらった方がいいかな。っていうか、故障多すぎないか?ダイソン…。

新しいのを買うとしてももうダイソンは買いたくないgawk次買うんなら日本の掃除機がいいんだけど、夫はすーぐ名前で選ぶからなあ。

ちなみにダイソンは修理の見積を取るのにもお金がかかり、5,800円(税別)だそうで、修理しませんってなってもこの金額は払わないといけないらしい。修理になったときは25,000円にこの見積代は含まれるんだとか。

なんかいろいろムカつくシステムって思うのは私だけ?今って家電の修理ってこんなことになってるの?日本のメーカーも?

で、どうしようか悩んでいたら店員さんから「長期保証期間終わってますか?」というお言葉が。メーカー保証は2年だからとっくに終わってるんだけど、ケーズデンキの長期保証が3年か5年で付いていると言われました。このときはいつ買ったか曖昧だったし長期保証なんて全く付けた記憶がなかったんだけど、家に帰ってから保証書を探してみると~。

あったーupupup

しかも買ったのは2014年7月だったようで、まだ5年保証期間内でした~happy02
やったじゃんsign03

長期保証なんて付けた覚えはなかったけど、3万円以上の商品には5年間の無料保証が付いてました。素晴らしいup

で、今日またお店に戻り、修理依頼してきました。いやあ、まじでケーズデンキが神々しく見えたよ~shine
次に家電買う時もケーズで買うよ~heart04

ダイソンは嫌いになったけどねangry


本日の
外気温:5℃
(7:00 am)
室温:21℃ 湿度:39% 
(5:00 am)

冬の適正室内温度 -住友林業で平屋暮らし-

土曜も日曜も夜になっても全く室温が下がらず薪ストーブを焚きませんでした。火入れしたら毎日焚く計画が早くも崩れてしまいましたdown夕べなんて暖かすぎて素足で過ごしても平気でした。おかしい!!

薪ストーブ焚かなくても今朝の室温は21度。なにこの異常気象…。寒いのは好きじゃないけど11月も半ばになろうとしているこの時期にこの暖かさ。ちょっと気持ち悪い。今週末にはグッと気温が下がるようなので油断せず薪をたくさん準備しておかなきゃ。

薪ストーブも3シーズン目になりました。2シーズン使ってみてどのくらいの室温が快適かっていうのが分かってきました。20~21度くらいが一番心地よいなと感じます。22度だとちょっと暑いと感じ、24度になると暑すぎて気持ち悪くなり半袖になります。

環境省が推奨する暖房の適正設定温度は20度らしいから自分が快適と感じる温度と合致しています。やっぱり24度はやりすぎだったのね…coldsweats01薪の節約のためにも今シーズンから焚いているときの室温にも注意して薪ストーブを上手に使っていこうと思います。


昨日のホームパーティ、大成功でした。楽しかったパーティも終わっちゃってちょっと抜け殻状態の月曜ですweepドレスコードは『若いときの着れなくなった服。高校の制服可(高校の同級生なので)』。みんな今でも普通に着れるくらいの服装でしたsweat01私だけだよ、今絶対に着れない服を着てたのは!!狙い通りだけどねsmile

昨日の料理は
前菜
さつまいものミニグラタン
スチーム茄子と生ハムのマリネ

メイン
ローストビーフ
カチャトーラ
チーズフォンデュ

デザート
パンプキンパイ
抹茶レアチーズケーキ

Img_4300
配膳雑…sweat02

ローストビーフとチーズフォンデュは定番にしています。大好きでもご飯のおかずにならないってことで普段はローストビーフ作らないからこういうときには必ず作ります。
Img_4304
チーズフォンデュに入れる具材だけ各自もってきてもらいました。パーティではチーズフォンデュやチョコフォンデュが一番盛り上がります。なんでああいうものってみんなで食べるとおいしいんだろう。一度夫がいないときの夕食に一人でチーズフォンデュ食べたらイマイチでしたdownやっぱりみんなでワイワイ食べるから美味しいのね。

デザートはハロウィンのときに作って美味しかったパンプキンパイ。前回より滑らかにできました。
Img_4289


色々楽しみが終わってしまったけど、今週末は温泉旅行です。実は私、温泉が嫌いです。チケットもらったから行くようなもので自分からはほとんど行くことがありません。でも食事とかはめっちゃ楽しみだし、観光もするから普通に色々楽しめそうです。何かと忙しい秋ですmaple

本日の
外気温:8℃
(7:00 am)
室温:21℃ 湿度:38% 
(5:00 am)

【WEB内覧会】 入居2年後の寝室

薪ストーブを本焚きしたくてもまだそんなに寒くない…。夕べもそんなに焚いてないのに今朝は室温が24度もあって起きて早々腕まくり。半袖でもいけます。このまま暖冬なら薪の消費が抑えられるのになあ。昨シーズンは寒すぎて薪が足りなくなったから今年はそんなに使わないといいんだけど。


入居2年後の内覧会。続いては寝室。

まず全体像から。
01dsc_9318

寝室は2辺が外とつながっていて、他の2辺がウォークインクローゼットとLDKの趣味コーナーとつながっています。寝室とウォークインクローゼットがつながっているのは普通ですが、趣味コーナーとつなげたことは大正解でした。寝室は12畳以上の広々したものを希望していたけど間取りの関係で小さくなってしまいました。その変わり趣味コーナーとつながることで視覚的にものすごおおおおく広いと錯覚する寝室となりました。
02dsc_9319
寝る前に読む本がすぐに取れるという点でも最高。

夏は風通しの意味で、冬は薪ストーブの熱を得るためにこのドアは開けっぱなしで寝るので希望していたような広さを感じることができます。昼間に撮った写真だけど、夜はこんな感じ。
03dsc_9475
寝る前は手元のランプだけ点けています。

逆に広いのが落ち着かないってときは普通にLDKとを仕切っている3枚の引き込み戸を閉めればいいし、開ける量も調節できるからずどーんと大きな引き込み戸が大活躍してくれてます。

入居前は寝室にはUSMのベットサイドチェストを置いてもっとカチっとした感じのスペースにする予定でした。

が!

ヴィンテージの2段チェストを買い、スーホルムのランプを買い、アントチェアを置き、としているうちに段々北欧寄りになってきました。元々北欧ブルーの壁紙をアクセントに用いている時点でこうなる運命だったのか!?で、玄関に飾っていたリトグラフが玄関には小さすぎるということで寝室に移動し、どんどん北欧色が強くなっていきました。
04img_4049

もうUSMは似合いません…。それはそれで悲しいdown

趣味コーナーのカウンター部分にも北欧ヴィンテージを置いているので今の方がインテリア的には統一されています。
05dsc_9313

寝室に関してはもうちょっとやってみたいことがあります。リトグラフとアントチェアのところが寂しいから余裕があったら何かヴィンテージの家具が欲しいなと思っています。そしてエッグチェアかスワンチェアを置いてSASホテルみたいにしたいbleah来年またバイト復活するかな。

以上、2年間で方向性の変わった寝室でした。


明日は友達とのホームパーティ。料理の下準備が終わりました。明日のドレスコードは『捨てようと思っている20代のときの服』です。友達には「デザインの問題というよりはサイズの問題で着れない」「どこにも寄れない」と言われていますdeliciousちなみに私の服装はブリスベンにいたときクラブ行くとき着ていた露出の多い服smile脇腹開いてます!言い出しっぺだからこのくらいしないと!


本日の
外気温:?℃
(7:00 am)
室温:24℃ 湿度:45% 
(5:30 am)

【WEB内覧会】 入居2年後のWIC

せっかく家中のメンテナンスをしたので久々のWEB内覧会。入居2年経った姿です。

もちろん傷は増えたし使用感が出たものもあるけど、インテリア的にはようやく熟し始めた感じがします。これからどんどん完熟に向かって充実させたい!

今回の取材のテーマの一つが“壁の使い方”。ビッグフレーム構法で建てた壁の少ない我が家に壁の特集で来るっていうのも微妙だなと思ったけどね…sweat01

LDKの一面には重厚な外壁タイルを貼っているけど、壁の特集ってたぶんタイルにしただけ、とかそういう話ではないよね。そこを更にどう使うかって話だと思うんで、自分たちなりに考えれば‘玄関入って正面にアートを飾って自然光と人工光の効果を活かす’とかそういうことだと思うんだよな。実際にどんな風になってるのかは発売されてみないとわからないけど。

あまり壁を上手に使ってる感じのしない我が家ですがウォークインクローゼット(今までインだかスルーだかごちゃごちゃになってたから今回はインで統一)の壁づけの照明はインテリアとしてうまく活きていると思います。実用性ゼロのやつだし他人はほぼ目にすることのない場所ですが、自分たちの為にこのくらいの遊び心はあってもいいかなっていう部分です。この照明を選んだことで壁紙だとか下に置くチェストだとか広がりが出来ていきました。

服&靴にものすごーーーーーくこだわりのある夫。取材のときも靴はイギリス、服は仕立ての良いイタリアがいいと熱く語っていました。そんな夫のこだわりのクローゼットの今の姿がこれだー!
Dsc_9402

Img_4057

Img_4055
まるでショップのように等間隔に並べられたジャケットやコートの数々。これは夫が自分でこだわりの順番に並べています。これでもハンガーが足りなくて不満らしい…。

6段チェストを開けるとそこにはくるくると丸められたネクタイ。有り得ないくらい派手な模様のネクタイがあるけど、昔は就活のときはこのくらい派手なネクタイだったらしい。時代だね~。
Img_4229

一方「奥様は服にこだわりは?」と聞かれ「ないです!」と即答の私sweat02好きなブランドがあるわけじゃないし、一番欲しいのはジャージ。「普通は逆ですよね」って編集の方も笑ってましたcoldsweats01

ちなみにクローゼットの中の私の服を見た編集の方に「奥様はお料理好きですか?かわいい服が多いから女子力高そうだと思って」と言われました。いや、だから、いま一番欲しいのはジャージなんだってばsweat01女子力よりもむしろ男子力のが強いよ、私。服の種類で判断してはイカンのだ。

「料理好きですか?」っていう質問は答えにくいなと思います。世の料理好き奥様のアップした写真なんかを見ると私なんて全然料理好きに見えないし、むしろめんどくさいことは嫌いだし。でも食べるのが大好きだから料理するっていう感じ。
「料理というよりは食べるのが好きなんですよ。だって私が作らないと誰も作ってくれないじゃないですかー!!」
とまたまた余計なことを言ってしまうのでした。「はい、料理好きですのよ、オホホ」って言っちゃえば済むところをなぜ正直に暴露してしまう、私...。

それにしても、一つの出来事でこんなにも楽しめるなんて私って得な性格してるよなとつくづく思います。たいしたことないことをさも人生の重大事件のように大袈裟に騒いで楽しめるって重要重要bleah

さて、次はどんな悪だくみしようかな~。


本日の
外気温:?℃
(7:00 am)
室温:?℃ 湿度:?% 
(5:00 am)

«取材でおバカ炸裂! -住友林業で平屋暮らし-